VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

VR Neon Pipe

   

鋭利な障害物をよけるギリギリ感が楽しい!危険なネオンパイプの上を疾走

VR Neon Pipe

「VR Neon Pipe」は宇宙空間のような世界で、どこまでも伸びるネオンパイプの上を走り抜けるゲーム。

体験版のため制限があるが、VRならではの操作感や、臨場感を体験するにはもってこいのお手軽さだ!

操作は首を左右に傾けて障害物をよける!それだけ!ただしかなり鋭利で凶悪な形の障害物があちこちに配置されている。

テンポの良い軽快な音楽と、ネオンの美しい見た目、無駄な機能がない部分に開発者のセンスを感じる!

コンテンツタイトルVR Neon Pipe
ハードウェアiphone6s
提供元By Dumadu Games Pvt Ltd
日本語対応
ゲームパッド
価格0円

良かった点

体験版部分だけでもけっこう楽しめる。

イマイチな点

フルバージョンとの差の説明がもっとほしい。
総合評価:

レビュー

障害物は避けられると楽しい!ギリギリで生きている感覚

VR Neon Pipe

VRモードと通常モードの両方とも主観視点なので、障害物にぶつかったように見えぶつかっていない!という臨場感を味わうならVRモードにしておこう。

左右移動はパイプの外側に張り付くような動きになる。アリが重力を感じさせずに枝や木を登るような軽快な移動なので、グルグルっと回りすぎるとちょっと酔う…。

斧や鎌のような凶悪な障害物は、遠近感がわかりづらくミスを誘う。逆にコーヒーマドラーみたいな形の障害物は遠くから位置を確認しやすい。

EASYモードよりもさらに難しいコースを遊んでみたい場合は、フルバージョンを遊んでみるべし!

移動は慎重かつ大胆に!少しずつ動いて慣れるべし

VR Neon Pipe

首を傾けての操作は思ったよりも反応が良いので、かる~く動かすくらいがちょうど良さそう。

障害物は、左右に等間隔に並んでいるようだが、スキマが小さすぎて通れない部分もある。まんまと引っかかってしまった。。

ずっと回転しながら移動していると酔いやすくなる!休憩も挟みつつ適度にあそんでいこう。

お手軽なゲームなので、1人で遊ぶよりはカードボードを回して複数人でスコアを競うのが楽しそう!

ゲームの流れ

VR Neon Pipe

体験できるのはEASYモードのみ。ここで気に入ったらフルバージョンへ突入するしかないっ!

VR Neon Pipe

目の前に迫る、コーヒーマドラー型障害物。臨場感をお伝えできないのが寂しい。

VR Neon Pipe

当たれば、全治数カ月はかかりそうな鋭利な物体。これは痛い。

VR Neon Pipe

45秒といえど長い・・・正直楽勝だと思ってました! 全然クリアできない。

VR Neon Pipe

お手軽にできるのでカードボードを友達と回して遊ぶのがオススメ!

  関連記事

    関連する記事はありません。


Tomoyuki Hirasaki

Writer:Tomoyuki Hirasaki VRの到来にワクワクが隠しきれません。攻殻機動隊かダースベイダー的な体になることを夢みて、ワクワクするコンテンツ ヲ 探シテイキマス・・ギギ。

 - スマホゲーム