VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

Vektron Revenge

      2016/06/12

アーケードゲームの中に入ってプレイする!?3Dシューティングゲーム

Vektron Revenge

「Vektron Revenge」は、敵をひたすら避けながら攻撃していくシューティングゲームだ。360度見まわさないといけなくて、めちゃくちゃ忙しいのがくせになるぞ。

プレイしようとすると、ゲームセンターのアーケードゲーム機の中に吸いこまれるようにしてはじまる!ゲーム自体もシンプルなのでどこかなつかしさを感じるだろう。

操作は2つのモードから選べてどちらもおもしろい!視点を動かすだけでも遊べるし、ゲームパッドでも遊べる!

ステージは1つのみをひたすら進んでいくタイプで、進むにつれてどんどん難易度があがる。まずは根気強く、クリアを目指そう

 

コンテンツタイトルVektron Revenge
ハードウェアalienware
提供元Ludovic Texier
日本語対応
ゲームパッド
価格990円

良かった点

レトロさと未来感が混ざりあって新感覚!普通にゲーム性も◎

イマイチな点

ヤリコミ度も高い良質なカジュアルゲーム
総合評価:

レビュー

Vektron Revengeの特徴は、2つの操作方法を選べること。どっちも楽しい!

Vektron Revenge

このゲームの特徴は、操作の仕方について2つのモードを選べるところだ。CLASSIC MODEとTWIN STICK MODEとがあり、どちらもおもしろい。

CLASSIC MODEでは、コントローラーを使わずに視点を動かすことで弾を避ける。攻撃は縦と横の四方向に自動的に発射されるため、視点の移動に全神経を注げるのである!

TWIN STICK MODEでは、ゲームパッドの左のスティックを倒した方向に動き右のスティックを倒した方向に攻撃、しかも視界の範囲を超えて移動するときには頭も動かさなければならない!

2Dのシューティングは、目と手だけを動かして遊ぶがこれは3D!!!見える範囲が広くないため、どちらのモードも必死で頭も動かさないといけないのが忙しくてハマる!

ゲームのコツは、アイテムを取得して射撃速度をあげることだ。積極的にとらないと勝てない。

Vektron Revenge

敵を倒すとでてくる青い物は、ボーナスアイテムなので積極的にとるべき。取得すると射撃速度が上がって強くなるのだ。

これはクリアに大きく関わっているので、敵をどうにかうまく避けながら取得しよう。特に追尾してくるタイプが大量にでるところが難しい。しつこいため要注意だ。

けっこう忙しく動いていたほうが追尾から逃れられた。どうせ出現するアイテムをとらなきゃいけないんだから、動こう!

3回、敵にあたってしまうとゲームオーバー。何度もやっているうちに感覚がつかめるようになるはずだ!

ゲームの流れ

Vektron Revenge

まさに昔のゲームセンターにあったゲームのようなテイスト

Vektron Revenge

おつな演出が節々にみてとれる

Vektron Revenge

さっそくゲームスタート。ひたすら上下左右にピュンピュンしてますよ

Vektron Revenge

よっしゃー来てみろ!打ち砕いてやるぜ!

Vektron Revenge

あれ?やられてもうた。。。

  関連記事

    関連する記事はありません。


shu

Writer:shu 萌え文化・コスプレ文化に携わり自らも実践する女子大生ライター。VRによる既存文化の発展に並々ならぬ興味をもっています。

 - Oculus