VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

Titans of Space

      2016/09/01

『ポルックス』に『外宇宙』・・宇宙にロマンと可能性を感じるプラネタリウム

Titans of Space

Titans of Spaceは自宅で太陽系をプラネタリウムのように鑑賞できる。惑星探索シミュレーションアプリ

太陽系・衛星・外宇宙をゆったり鑑賞しながら順番に巡っていく。

最初は地球の近辺から始まり・・太陽系の惑星と衛星、大きさの比較、星を構成する物質の説明がある。

太陽系の惑星、その中心の太陽より数倍も大きな惑星の存在に宇宙の可能性・・ロマンを感じずにはいられない。。。

コンテンツタイトルTitans of Space
ハードウェアgalaxys7edge
提供元DrashVR LLC
日本語対応
ゲームパッド
価格0円

良かった点

ボリュームが多くずっと見ていられる

イマイチな点

もっと内容をしりたいので日本語化してほしい
総合評価:

レビュー

ボリュームが凄い!流して見るだけでも20分以上。

Titans of Space

太陽系で終わりと思ったら外宇宙もみれる・・そして大きさの比較演出。思わず・・「最高だぜ」となってしまった。宇宙やSFが好きな人には見てもらいたい。

太陽系とその衛星を巡るだけでも10分以上はかかるボリューム。ここまでは前半部分。

説明は全部英語だがなんとなく理解できるレベル。じっくりとみれば惑星の事情が理解できそうだ。

操作は視点移動のみ。次の惑星への移動は自動的に行われる。スキップ機能もあるので、気になる惑星、嫌いな惑星があれば次へ次へと進めよう。ボリュームが多いのでそれでも十分に楽しめる。

プラネタリウムを最高に楽しむためのポイント

Titans of Space

Titans of Spaceは鑑賞中に停止してもその状態から再開できる。ボリュームが多く疲れてしまったときは休んでおくと楽しみやすい。

カードボードのスキマから光が入ると気分は萎える・・部屋は暗くしておこう。そしてもちろんイヤホンかヘッドホンも装着。

大きさの比較演出がたびたび登場・・地球はプリティプラネット・・太陽よりもさらに大きな恒星は燃費が悪そう・・と考えつつ鑑賞していきたい。

実は・・音声案内が有料で利用できる。ただし英語なので聞き取れて理解できる人のみオススメ。

ゲームの流れ

Titans of Space

太陽系ツアーへ出発・・さらば地球よ・・

Titans of Space

地球のお隣の金星。超高温&硫酸の雨で探査機を数分で破壊する死の星♪ ビーナスなのに・・・

Titans of Space

氷の下に海があるエウロパ。 魚人的な生命体がいるかもしれない。

Titans of Space

太陽系の外へ・・すごく・・・大きいです。

Titans of Space

ポルックスより小さい太陽。さらに小さい地球・・・でも可能性は無限大♪

  関連記事

    関連する記事はありません。


Tomoyuki Hirasaki

Writer:Tomoyuki Hirasaki VRの到来にワクワクが隠しきれません。攻殻機動隊かダースベイダー的な体になることを夢みて、ワクワクするコンテンツ ヲ 探シテイキマス・・ギギ。

 - スマホゲーム, スマホ動画