VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

theBlu

      2016/08/22

VRで最初に遊ぶべきゲームはコレ!リアルな海の中を探検しよう

theBlu

theBluは、海底や難破船のデッキに降り立ち海の中でどんなことが起きているのかを体験できるアドベンチャーゲーム。

辺りを見回せばそこは360度広がる海の中の世界、タンクもスノーケルもなしで快適に探検できるのが嬉しいったらない!

三つのロケーション "Reef Migration"(浅海)、"Whale Encounter"(難破船)、"Luminous Abyss"(深海)のうちからどこに行くかを選ぶことが出来る。

Viveを装着していることもバーチャルだということも何もかも忘れてディープブルーに没入だ!

コンテンツタイトルtheBlu
ハードウェアalienware
提供元Wevr, Inc.
日本語対応
ゲームパッド
価格980円

良かった点

実際に体験したように記憶に残っていること、それからクジラの目が可愛かった。

イマイチな点

何かが起こりそうなところで終わる場面が。なんとなく次がありそうな予感、もっと体験したい!
総合評価:

レビュー

光るクラゲにタッチ、タンク無しで体験できる海底探索

theBlu

世界で最大級の生物(↑)と出会ったり、海底では暗闇で周りのものが見えなくなるようなシーンも。でも何かが襲って来るようなことはないので安心していて大丈夫!

三つのロケーションには区切りがあって、光景で語るストーリーのようになっている。

海の中の音も自分が潜っているように楽しむことが出来る。いろんな生物の泳ぐ音が聞こえてくるよ。

頭上にはいくつものスイミーで出てきたような魚の群れ、そして辺り一面にはふんわりと浮上していく光を発する無数のクラゲが...そんな状態!

なぜ海にもぐるのか?...そこに海があったから

theBlu

ストップウォッチマークのコントローラー右押しでスローモーションに。幻想的な風景をもっとゆっくりと堪能したいときや、よりベストな写真を撮りたい、そんな時に使える機能。

コントローラーの左押しでは写真を撮影できる。とっても操作しやすいよ!

こっちに来たらタッチ!近くにいる魚やクラゲに触るとコントローラーが絶妙に振動してまるでリアルに触っているみたい。

見通しの悪い海底 ("Luminous Abyss")では懐中電灯を使うことでより細かなところまで見ることができるよ。驚かさないようにそっと照らしてみよう!

ゲームの流れ

theBlu

ここから三つのロケーションに行くことが出来るよ。

theBlu

暗い場所では懐中電灯が大活躍してくれる。

theBlu

フォーエバーブルー(Wii) やエバーブルー(PS2)あたりが好きな方にも!

theBlu

ストーリーは終わりまで楽しむのがおススメ!

theBlu

見て聞いてルームスケールの中を歩き回りコントローラーを使って触れる、VRで出来る最先端、トライしてみよう!

  関連記事

    関連する記事はありません。


anthony10000000

Writer:anthony10000000 VRによって得られる没入感と満足感は想像以上、これからどんな体験ができるのか役立つ情報をここからシェアしていきたいと思っています。

 - VIVE