VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

STEEL COMBAT

      2016/08/23

全方位バトルのロボット格闘ゲーム!

STEEL COMBAT

『STEEL COMBAT』は、コロプラが手がけたロボット格闘アクション。

やけに個性強いロボットたちを操り、独特の360度全方位を見渡せる闘技場で戦っていく。

技の発動は方向キー+1ボタンのような「スマブラ」方式のシンプルなコマンド入力だが、コンボ入力やトレーニングモードなど、格ゲーファンにも訴えかける親切設計だ。

他プレイヤーと通信対戦をしたり、観戦するなどインターネットに接続することでさらなる広がりのあるプレイが可能。

コンテンツタイトルSTEEL COMBAT
ハードウェアalienware
提供元COLOPL, Inc.
日本語対応
ゲームパッド
価格3990円

良かった点

簡単操作でできる派手なアクション。トレーニングモードなどプレイヤーにも優しい。

イマイチな点

固定カメラでのプレイは、快適ではあるが、VRならではの視点操作を感じなかった。
総合評価:

レビュー

STEEL COMBATの特徴は簡単操作で繰り出せる多彩なアクション

STEEL COMBAT

「バーチャロン」や「機動戦士ガンダム 戦場の絆」のような操作性かとおもいきや、操作性は2D格闘ゲームに近い。

『マーヴル VS. カプコン3 フェイト オブ トゥー ワールド』をはじめとする、家庭用ゲーム機向け格闘ゲームを開発してきたエイティング社が手掛けているらしく、完成度は高い。日本語化も嬉しい。

遠距離・近距離モードを使い分けることにより多彩なアクションが簡単操作で可能だ。

まるで21世紀の「ジョイメカファイト」じゃないか…と思うのは拡大解釈だろうか?

 

 

STEEL COMBAT攻略のコツはトライアンドエラーのコマンド入力

STEEL COMBAT

近距離戦闘モード、遠距離戦闘モードを切り替えて使い分けるのが攻略のコツだ。

キャラクターにはスピードに特化したキャラ、攻撃力重視のキャラ、バランス型などがいるが、だいたい見た目でわかるくらいデフォルメされている。

お好みで使おう。十字キー+ボタンの組み合わせで飛び道具や爆弾など特殊能力が発動するのでトライアンドエラーで探していこう。

日本語対応してるだけでこの安心感ってすごい。トレーニングモードとかもあるしね。

ゲームの流れ

STEEL COMBAT

日本語対応ってだけで安心感が違いますわね。

STEEL COMBAT

キャラクター選択画面。格ゲー感ビシバシ。

STEEL COMBAT

おれはこの忍者っぽいやつを選ぶぜ?その名もミカヅキ!

STEEL COMBAT

忍法爆炎龍!なんちゃって。

手裏剣とかも飛ばせるぜ!?

STEEL COMBAT

視野が広すぎる場合は壁をせまくすることも。お優しいぜコロプラ!

  関連記事

    関連する記事はありません。


Kyosuke Takano

Writer:Kyosuke Takano 1984年生まれ。多感な時期にファミコンから家庭用ゲームの黎明期・黄金期を体験して過ごす。ゲーム音楽に多大な影響を受けたギタリストでもある。

 - Oculus