VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

Space Stalker VR

   

完成度が高いVRシューティングゲーム!最初に遊ぶならコレだ!

Space Stalker VR

『Space Stalker VR』はスペースガンシップのパイロットとなり、ミッションをクリアしていくタイプのVRシューティングゲーム。

パイロットの視点でゲームをプレイできるので没入感が高く、視点を敵に合わせる=照準を合わせることでミサイルやミニガンを発射できる。

だが・・なによりスゴイことは「もっと遊びたいと思える」ほど完成度が高いVRゲームになっていることだ!

「グラフィック」「操作性」「VR酔いのなさ」どれをとっても完成度が高いゲームとなっている。途中までは無料で楽しめるので「VRゲームを遊びたい」という方はまずコチラをプレイしてもらいたい。

VR対応しただけで、肝心のゲーム内容が少なかったり、途中から画面のタッチ操作が必要で遊びづらい・・などのアプリが多い中、スマホVRゲームがまたひとつ進化したと思わせてくれる作品に間違いないと感じた!

コンテンツタイトルSpace Stalker VR
ハードウェアiphone6s
提供元FIBRUM
日本語対応
ゲームパッド
価格0円

良かった点

スマホVRゲームの中ではかなり高品質でもう一度遊びたいと思える!酔いはまったく感じなかった。

イマイチな点

ステージ3を開放するための課金額が高め・・・もっと先のステージまで進んでいたら1000円超えても勢いで買ってたかも。
総合評価:

レビュー

『潜入と脱出』2つの戦況で攻撃を使い分けよう

Space Stalker VR

『Space Stalker VR』はステージクリア型となっており、ステージ内では2つのパートに分かれている。

1つ目は隕石群を避けながら、隠れた敵を撃ちつつターゲットまで進んでいくこと。VRゲームならではの、目の前まで隕石が迫ってくる感覚を味わえる。隕石にぶつかると船体にダメージを受けるが早めに回避すれば安全に進める。車に乗っているときに、障害物を避けるための距離感に近い気がした。

2つめはミッションのターゲットを回収した後の脱出部分。ここからはシューティング要素が一気に濃くなり、追ってくる敵ドローンをミニガン・ミサイル・プラズマ砲で撃ち落としながら逃げる。武器の切り替えは、画面下にある操作パネルを見つめると変更できる。敵は基本的に後ろから追ってくるので、視点で照準を合わせて攻撃していこう。

攻撃とは別にシールドがありダメージを受けると壊れていくが、攻撃の合間に回復しないと集中砲火される!攻撃・防御のタイミング切り替えはけっこう忙しい!シールドの回復も画面下にある操作パネルから行う。攻撃・防御でめまぐるしく視点は動かすものの「VR酔い」は全く感じないため、安心してゲームの世界観に浸れる。

避けるか撃ち落とすか!?動かない敵は地味だが厄介

Space Stalker VR

『Space Stalker VR』ではミニガンのみ弾数の制限がないため、細かい敵を攻略するには積極的に使っていこう。特に動かずに浮遊しているだけの敵は、宇宙空間の背景にやや溶け込んで見えづらいタイミングがある。ミニガンで弾数を気にせず撃ちまくるのが最適だ。

敵からの攻撃を避けることはできないが、シールドを回復させればミッションクリアの成功率が高くなる。複数の敵が左右上下同時に攻撃してくる場合は、少しのダメージは受けるつもりで順番に撃墜したほうが、総ダメージ数は少なく済むようだ。

最初から使用できる武器はミニガンだけだが、ロックオンで誘導するミサイル、爆発するプラズマ砲はアップグレードして積極的につかっていきたい。ただしミニガンと違い弾数制限があるので「ここだ!!!」というところか、敵に囲まれたとき以外は節約していこう。

『Space Stalker VR』はステージ2までは無料で遊ぶことができる。ステージ3まで解放してしまったら勢いで購入しそうになるほど楽しめるVRゲームだ。開発元の「FIBRUM 」はこれまでにVR動画を多くGooglePlay、AppStore上に公開している。これまで制作した技術、ユーザからの意見を基にゲームを作っていると考えると、今後ますます期待できそうな作品だ!

  関連記事

    関連する記事はありません。


Tomoyuki Hirasaki

Writer:Tomoyuki Hirasaki VRの到来にワクワクが隠しきれません。攻殻機動隊かダースベイダー的な体になることを夢みて、ワクワクするコンテンツ ヲ 探シテイキマス・・ギギ。

 - スマホゲーム