VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

Smash Hit

      2016/06/06

爽快感抜群のカジュアルゲームに、異世界への没入感も加わりゲーム性が格段に向上!

Smash Hit

「Smash Hit」はスマートフォンのゲームアプリで大人気であったカジュアルゲームだ。「ガラスをブチ割る」というシンプルではあるが背徳感と爽快感が絶妙に入り混じった中毒性高いタイトル。

そんな「Smash Hit」でも遊べるというのでこれは是非やるべきということで、遊んで見ると期待通りのぶれないゲーム性!安定の面白さだ!

というよりもノーマークだった世界観が、VRにより何倍も拡張しており正に異次元に迷い込んだような情景を映し出してくれた。

VRにはリッチなコンテンツというが、VRの土俵においてもこういったカジュアルなゲームがあった方が、ライトゲーマーなユーザが置いてけぼりにならずに楽しめると感じる一本だ。

コンテンツタイトルSmash Hit
ハードウェアgalaxys7edge
提供元Mediocre
日本語対応
ゲームパッド
価格0円

良かった点

カジュアル性もそのままにVR特有の没入感を加わりスマホ版よりもパワーアップしている

イマイチな点

酔いもそこまで大きくないので、長く遊んでいられるとこともいい
総合評価:

レビュー

遊び方は、変わらずタップのみのシンプル操作!

Smash Hit

本作は最終的にどのぐらい前に進めたかがスコアとなる。オートで前に進むなかで、障害物などを壊して少しでも前に進むことが目的だ。

とはいえ、「壊す」ことに操作を収束させたシンプルなゲームであることは、ご存じの方も多いと思う。スマホ版でも基本操作はタップのみだった。

VR版も基本操作はまったく変わらず、対象をめがけてボールを投げて当てる。それだけだ!わかりやすい!

「弾を補充するために壊す」「障害物を取り除くために壊す」のように、とりあえず壊していくことで本ゲームのルールは理解していけるはずだ。

VR版ならでは!ガラスは通り過ぎた後でも壊せる!

Smash Hit

ゲームはスマホ版と唯一違うというか、VR版ならではの特徴がある。それは対象のガラス物が通り過ぎた後でも振り向いて壊せるということだ。

これはスマホアプリ版では無かった機能だ。後ろだけではなく、横も含む360度どこでも狙いが定められる。

ただその間も前からは他のガラス物が迫っているので、後ろばかりに集中してもうまくはいかない。むしろスマホ版よりも視野を広く持たないといけなくなったのかもしれない。

臨機応変に狙いを定めて、少しでも遠くを目指してガラスをぶち壊しまくろう!

ゲームの流れ

Smash Hit

目の前に立ちふさがるものはすべてブチ破っていこう!

Smash Hit

ゲームは進んでいくほどに難易度を増していく。一筋縄ではいかないガラスも出てくるはずだ!

Smash Hit

弾は有限だ。弾を補充するためには、三角錐のようなガラス体を壊していこう。弾が3つ増えていくぞ。

Smash Hit

ゲームを進めていくとわかるが、Smash Hitにも様々なテイストのステージが用意されている。VRならではの体験ができること間違いなしだ。

Smash Hit

ガラス体もだんだんと複雑な形、動きをしてくるものが増えてくるぞ。ただ弾があたればかならず壊れる!しっかり狙いを定めてブチ破れ!

  関連記事

    関連する記事はありません。


Fumito Takahashi

Writer:Fumito Takahashi VRテクノロジーでウルトラマンになれることを夢見て、今日もVR旋風に一役買います。 最新情報をドシドシ流していくので、みなさん注目していてくださいね。

 - Gear VR