VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

スキーロデオ - SKI RODEO

      2016/08/23

VRスポーツは現実じゃない・・でも怖い!恐怖の雪山でスキーという荒馬を乗りこなせるか

スキーロデオ - SKI RODEO

スキー・・・それは「私をスキーに連れてって」と、きゃっきゃうふふな楽しいスポーツ。そう思っていた時期がわたしにもありました。そう、VR ZONEの『スキーロデオ SKI RODEO』を体験するまではね!

『スキーロデオ』は、スキー板とストックを模した専用の筐体を使って、超上級者向けの断崖絶壁を滑り降りちゃうVR体験ができるアトラクションゲーム。

スキーロデオを遊ぶ様子
スキーでしょ?滑るだけでしょ?」と思って舐めてかかっていたら大間違いだ!「ロデオ」の名の如く、荒牛や荒馬を乗り回しているかのようだ。

本アトラクションを例えるならば、まるでレールのないジェットコースター、もしくは命綱のないバンジージャンプなのだ…っ!

VR ZONE

コンテンツタイトルスキーロデオ - SKI RODEO
ハードウェアgalaxys7edge
提供元(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
日本語対応
ゲームパッド
価格651円

良かった点

最初の急斜面で死ぬ!!!って感じるの臨場感。寒さ、エッジの方さ、スリリングさ共にこれ以上ないってくらいすばらしいです。

イマイチな点

どこに行ったらいいのか案内がないところだけ残念。これも上級者なら問題ないのか??
総合評価:

レビュー

これはVR・・これは仮想現実・・・やっぱり怖いです…!谷あり崖ありの難関は鋼の心が必要

スキーロデオ - SKI RODEO

まず『スキーロデオ』は、難易度の選択がない。なんの説明もなく超上級者向けの急斜面から滑り降ちる。公式では表記がないが恐らく45°くらいだろうか…。

めっちゃ速い!!めっちゃ怖いぃ!!心臓がぐわっと浮く。VR(バーチャルリアリティ)とは思えぬ臨場感に、死の恐怖を感じずにはいられない。筐体正面からは風が吹いており滑走速度で風の強さが変わるので、さらに死の恐怖が迫りくる。 

スキーロデオで叫び座り込む

怖すぎて終わった瞬間座り込む姿

寒くないのに息を吐くと画面内で白い吐息が見える!白い!すげ~~と遊んでたらスタート!、、怖!たすけ・・。。全身全霊で恐怖を感じる生まれたての小鹿のわたくしとアルカイックスマイルで見守るお兄さん。

ちなみに筆者はプレイ中ずっと叫び続け、雪山にぶつかったり崖から落ちたりして、バーチャルでは4、5回程死んだ。バーチャルでよかった。もうあんな思いはしたくないでござる!!

VR ZONE

基本はスキー!筋肉痛覚悟でエッジを効かせてまわれぇぇぇぇコースは自由だ!

スキーロデオ - SKI RODEO

『スキーロデオ』はゴールまでの指定コースはなく、自身で最短ルートを見つけることがタイムを縮める近道となる。しかも地図はない!いきなり放り出された状態だ。

スタートからゴールまでには、森エリア、ジャンプエリア、崖・谷エリア、岩場エリア、などの難関が待ち構えている

操作方法は至ってシンプル、自身が乗っているスキー板にエッジを利かせるとターンができ、それに加え板を左右に動かすとブレーキが利き大きく曲がれる

スキーロデオで叫び座り込む
体を低くしたり、全身をフル稼働してジェットコースター顔負けのこの恐怖挑んでにいただきたい。・・・そして筋肉痛になってしまうだろう。VRでスポーツをする時代がやってきたぜ・・・。

VR ZONE

  関連記事

    関連する記事はありません。


あゆ巫女

Writer:あゆ巫女 仮想現実空間と現実との融合を夢見る長女。宇宙・芸術・音楽をキーワードに、独自の空間内で遊べるVRゲームの素晴らしさを広めるべく日々励んでいる。好きなゲームは「L U N E」「Universe Sandbox ²」。

 - アーケード