VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

ディム・ライト (Dim Light)

      2016/07/11

懐中電灯の灯りを頼りにゴールを目指すホラーアクションゲーム

ディム・ライト (Dim Light)

「ディム・ライト (Dim Light)」は、見下ろし型のマップの中で主人公を操り、ゴールへと導くホラーアクションゲーム

生活感のない無機質な空間に怪物のうめき声が響く! これだけでもう怖い。もちろん、襲ってくる怪物につかまってしまうとゲームオーバー…!

プレイヤーの頼りは、懐中電灯の光と二種類の移動モード…スピードは遅いが物音を立てずに移動できる歩行と、物音を立てるがスピーディーに移動できるダッシュだ。つまりとにかく怪物に見つからないよう移動し、見つかったらゴールめがけて逃げるしかない!

本作、既にスマホ向けのアプリとしてリリースされており、VR版も内容はほとんど変わっていない。だが、ヘッドマウントディスプレイをかぶり、没入しきった状態でのプレイするとスマホ版とは比べ物にならないほど怖い!

「スマホで一回やったし、全然へっちゃら」とか思っていた筆者だが、はずかしいことに思わず悲鳴をあげしまったくらいだ(それも何度も…)。グロテスクな描写を一切せずこれだけのスリルを演出する手腕には感心する! ホラーファンはプレイして損のない作品だぞ!

コンテンツタイトルディム・ライト (Dim Light)
ハードウェアgalaxys7edge
提供元SANBAE
日本語対応1☓
ゲームパッド
価格290円

良かった点

敵の位置を確認したい!でも振り向いたら襲われちゃう…という怖さの作り方が絶妙!思わず声が出ちゃった…!

イマイチな点

操作のもどかしさは怖さに繋がっているものの、もう少し操作しやすくてもよかったのでは…。
総合評価:

レビュー

「ディム・ライト (Dim Light)」の特徴は視線による誘導

ディム・ライト (Dim Light)

本作VR版最大の特徴が、主人公の移動先の操作をヘッドマウントディスプレイの視線によって行うこと。これが絶妙な恐怖を生み出している!

…というのも本作、懐中電灯に照らされている部分しか見えない。つまり視界が極端に狭いのだ!

このため怪物の声が聞こえると、どこにいるのか?どれくらい距離があるのか? 気になって自然とそちらを見たくなる。

でも視線で操作するわけなので、見たら当然主人公はそっちに向かって行ってしまう! だから見れない! でも見ないと敵がどこにいるかわからなくて不安! うわコレ怖い…!

敵が付近にいるとわかっていて、見れない不安感というのは物凄いストレスになる。正直、超グロテスクで怖いクリーチャーが出るよりも強い恐怖感を味わえるぞ!

「ディム・ライト (Dim Light)」の攻略のコツは移動と確認の切り分け

ディム・ライト (Dim Light)

視線によって移動を行うという特徴的な操作方法を持っているため、操作がもどかしく感じるはずだ。

フツーのゲームの感覚であちこち見まわしていると主人公がそちらに移動してしまい、思ったところに辿りつかない…。それどころか、家具に引っかかって動けなくなってしまう…なんてことも!

そんな時は、タッチパッドから指を離してとりあえず落ち着こう。そして、周囲の状況を確認、次にどこへ行きたいのか見つめる。その上でタッチパッドをタッチ!

一度移動が始まったら、目標ポイントから目をそらさない。もし移動方向を変えたかったら再びタッチパッドから指を離そう

そう、周囲を確認したい時と、移動したい時とを意識的に切り分けるのだ。これでグッと移動しやすくなるハズ!

ゲームの流れ

ディム・ライト (Dim Light)

黒字に白い文字でロゴが書かれたタイトル画面。本作のコンセプトカラーである白と黒が不安感をあおる!

ディム・ライト (Dim Light)

ステージの最初には、主人公の言葉が添えられている。各ステージの言葉は繋がっており、ひとつのストーリーを形成しているようだ。なかなか芸が細かい…!

ディム・ライト (Dim Light)

まず周囲を見回して、ゴールの方向を探ろう。進むべき方向を決めたら移動開始…!

ディム・ライト (Dim Light)

怪物に捕まるとゲームオーバーになるぞ! うめき声が聞こえて画面が赤くなったら、即座に周囲を見回して怪物の位置を確認。二回連続タップでダッシュして逃げきろう。

ディム・ライト (Dim Light)

無事ゴールに到達すれば、クリアだ! 次のステージへ…。

  関連記事

    関連する記事はありません。


Kazuhiro Tanaka

Writer:Kazuhiro Tanaka ゲーム作りからゲームレビューまで、ゲーム何でも大好きなゲーム作家。子どものころから夢見ていたVR技術の実現に歓喜!ホラーとオカルトが大好きなので、バーチャル世界でたくさんのゾンビや亡霊に何度も殺されたい!!

 - Gear VR