VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

Subnautica(サブノーティカ)

      2016/06/26

美しくも過酷な海を生き抜く、マリン・サバイバル・アドベンチャー!

Subnautica(サブノーティカ)

Subnauticaは遭難した惑星で生き抜く海洋サバイバルゲーム。

面積のほとんどが海という未知の惑星に不時着した宇宙船クルーを操作し、食糧、水、資源を採集、栽培し、魚を喰らい、世界を探検していく。

海の美しさと、海中で拾った素材を使ってさまざまなアイテムを作るクラフト要素はサバイバルゲームや「マインクラフト」でもおなじみで、やり方さえわかると非常に面白い。

ただ、夜の海は死ぬほど怖いし、海の中には、どうみてもエイリアンな原生生物たちがうごめいている。ホラーな様相も呈しているかもしれない。

コンテンツタイトルSubnautica(サブノーティカ)
ハードウェアalienware
提供元Unknown Worlds Entertainment
日本語対応
ゲームパッド
価格1980円

良かった点

マインクラフト的なサバイバル要素も。海の美しさは言わずもがな。

イマイチな点

海をうごめくエイリアンがマジ怖い。また、グラフィックを最高画質にするとやや動作が不安定。
総合評価:

レビュー

Subnauticaの特徴は美しい海の風景とクラフト要素

Subnautica(サブノーティカ)

多くのサバイバルもののゲームと違い、その舞台のほとんどが海中なのが最大の特徴。

海面に乱反射する陽光、ゴーグルに付着する水滴、それら一つ一つが非常に美しく、海底の風景もドリーミーだ。

採掘し、基地やホバー、潜水艦を作っていくゲーム性は動画サイトでも大人気な「マインクラフト」を彷彿とさせるかもしれない。

しかし海洋生物がグロテスクなエイリアンだったのは予想外にホラー要素もある。夜の海なんか絶対うろつきたくないよ。ほんと…。

Subnautica攻略のコツ

Subnautica(サブノーティカ)

まずは海に潜り魚を捕まえるところからスタートしよう。自分の最初にいた脱出ポッドで調理が可能だ。結構サバイバル環境としては初期段階でめぐまれている。

魚を生で食べると腹は膨れるが、水分ゲージが減るので注意。空腹ゲージまたは水分ゲージが0になるとダメージを受け始めて死ぬ。

特に水分を確保するのが重要かつ最初の課題となるだろう。魚の中に水分を持った個体がいるので、その魚から水を精製することができるぞ。それでも足りないんだけど。

噂によると有志が日本語版パッチを作っていることもあるとか…。まだまだ英語の部分も多いがくじけない!こういうゲーム好きだと英語どんどん強くなりそう…。

ゲームの流れ

Subnautica(サブノーティカ)

どういうわけか宇宙性はほとんど海の未知なる惑星に不時着。

Subnautica(サブノーティカ)

なんとか脱出ポッドで脱出した主人公。
海は広いな大きいな。でも本当に孤独。というかこのままじゃ死ぬ。

Subnautica(サブノーティカ)

序盤超役立つ脱出ポッドの中身。結構役立ちアイテム多数。すげえー。

Subnautica(サブノーティカ)

こんなに美しい海なのになんか変なのがいる。
VRだと死ぬほど怖いんだよ。マジで。

Subnautica(サブノーティカ)

海版マインクラフト!なんて言いたかったけど、マジホラー!夜とかマジホラー!スクショ自重しました。

  関連記事

    関連する記事はありません。


Kyosuke Takano

Writer:Kyosuke Takano 1984年生まれ。多感な時期にファミコンから家庭用ゲームの黎明期・黄金期を体験して過ごす。ゲーム音楽に多大な影響を受けたギタリストでもある。

 - Oculus