VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

Protocol Zero

      2016/07/10

敵に気付かれぬようミッション達成をめざす潜入アクションゲーム

Protocol Zero

「Protocol Zero」は、特殊工作員としての潜入任務が楽しめるアクションゲーム。敵兵士や監視カメラの視線をかいくぐりながら、特定ポイントへの到達やターゲットの暗殺といったミッションを達成しよう。

つまり、コンシューマ用ゲームで言えば「メタルギアソリッド」シリーズや「スプリンターセル」シリーズのようなシチュエーションが楽しめるゲームなのだ!

VRで一人称視点だから、敵に見つかるんじゃないか…というハラハラドキドキ感は抜群! 思わず深呼吸しちゃう際も、なるべく音が出ないよう気をつけながら行う始末。ゲーム外の音がゲーム内に伝わるのでは…と思わずにはいられない緊張感とリアルさなのだ。

アクション性よりもパズル性の方を重視して作られているため、アクションは苦手…という人でもバッチリ楽しめる!

コンシューマ用のステルスゲームが好きな人はもちろん、「ミッション・インポッシブル」のようなスパイものが好きな人まで、世界観にどっぷり浸って楽しめるぞ!

コンテンツタイトルProtocol Zero
ハードウェアgalaxys7edge
提供元Sidekick Motion Games, Inc.
日本語対応
ゲームパッド1☓
価格490円

良かった点

特殊工作員としてミッションに携わっているムード満点!潜入のスリルもたっぷり楽しめる!

イマイチな点

ステージ途中からのやり直しがないので、ステージ終盤まで行ってゲームオーバーになった時しんどい…。
総合評価:

レビュー

「Protocol Zero」の特徴はポイントを指定しての移動

Protocol Zero

ステルスゲームといえば、敵に見つからないよう上手に姿を隠すことが求められる。

…ただ、ゲームの中で敵の視野を想定しつつ上手に主人公を動かす…というのはなかなかにムズかしい。特に一人称視点だと客観的に主人公の位置が把握しづらい。その上慣れないVRとなれば、かなり難易度がアップする。

この点を本作は、ポイントを指定し、ポイントからポイントに移動する…という操作方法によって解決している。

ポイントからポイントにしか移動できないので、自由に世界を探索し自分なりの隠れ方を見つけるおもしろさはない。しかしその分どのポイントを使って身を隠し、どのポイントから狙えばいいかわかりやすい!

操作のムズかしさに躓くことなく、潜入のスリルを楽しめるナイスな操作方法といえるだろう! 気のせいかもしれないが、自由に移動できるよリも若干よいにくい感もある。

「Protocol Zero」の攻略のコツは一手一手着実に実行すること

Protocol Zero

アクションの上手い人だと、本作のようなステルスアクションでも身を隠すことなく敵前に躍り出て、反射神経のよさでクリアできてしまうことがある。いわゆるランボー・プレイだ。

だが本作はしっかり狙って撃たないと敵を一撃で倒すことができない上、連射が効かないというシステムになっている。つまり、ランボー・プレイは不可能!

そこで攻略する上では、まず敵の動きをじっくりと観察しよう
。敵はある規則性に基づいて動いていているので、観察を続けれることで、「撃つべきタイミング」や「通過すべきタイミング」が見えてくるハズ。

観察してタイミングを掴んでから、実際に射撃したり移動したりといったアクションを取るのだ!

観察せずに反射的にアクションを起こしていると、ゲームオーバーまっしぐらだぞ。

ゲームの流れ

Protocol Zero

タイトル画面。タップするとステージ選択画面が現れるので、チャレンジしたいステージを選ぼう。

Protocol Zero

画面上に移動可能なポイントが示される。ポイントに視線を合わせて、コントローラーのボタンを押そう。

Protocol Zero

場所によってはポイントが物陰に隠れていてわからないことも。頭を動かして覗きこんでみよう。潜入しているムード満点だ!

Protocol Zero

ロックされた扉は、制御装置をハッキングすることで解除できる。付近に制御装置があるはずなので、周囲を見回して探そう。

Protocol Zero

ルート上邪魔な場所にいる敵は銃で撃って倒そう。頭をよーく狙ってコントローラーのボタンを押す! 一撃で葬らないと、気付かれてゲームオーバーになることも…。

  関連記事

    関連する記事はありません。


Kazuhiro Tanaka

Writer:Kazuhiro Tanaka ゲーム作りからゲームレビューまで、ゲーム何でも大好きなゲーム作家。子どものころから夢見ていたVR技術の実現に歓喜!ホラーとオカルトが大好きなので、バーチャル世界でたくさんのゾンビや亡霊に何度も殺されたい!!

 - Gear VR