VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

One Giant Leap

      2016/08/26

夢の中でしか体感し得なかった「飛ぶ」感覚をリアルに再現!きもち~~

One Giant Leap

『One Giant Leap』は、月面でジェットブースターを駆使し宇宙空間上に作られたコースのタイムを競うアクションレーシングゲーム。

なんといっても一番の特徴は、左右のコントローラーから噴出されるジェットブースターを使った飛行だ。身体の臓器が浮かび上がるような、例えるならばフリーフォールの様なVRならではの体感。「そうそう!実際にジェットブースターが開発されたらこんな感じ!ていうか夢で飛んだときこんな感じ!」を見事に再現している。

ゲームの自体はシンプルながらも、如何に短時間でゴールできるかというレース要素が基本。身体全体で飛行し小惑星を破壊するというアクション要素、月面を自由に探索できるというアドベンチャー要素が詰め込まれていて、色んな楽しみ方ができるゾ!

制限時間はないので、レースで最短記録を目指すもよし、破壊王になるもよし、ひたすら探索するもよし!ジェットブースターを操り各々の楽しみ方を見つけて欲しい。

コンテンツタイトルOne Giant Leap
ハードウェアalienware
提供元Sylvan Studios LLC
日本語対応
ゲームパッド
価格398円

良かった点

なんといってもジェットブースター!上下降するときの体感がすごい!VRヤバ

イマイチな点

レーシングだから対戦できたらもっと楽しみが広がるとおもう!元の体感すごい分機能が増えたら無限の可能性なのでは!?
総合評価:

レビュー

自己ベストを出すもよし!探索するもよし!楽しみ方は自由だ

One Giant Leap

「One Giant Leap」とは「大きな飛躍」という意味。月へ初めて降り立ったアポロ11号のニール・アームストロング船長の有名な言葉の一部であり、それに模してゲームが作られているらしく、各コースの目的はアメリカ国旗をゴール地点に立てることである。

操作は基本的に〈飛ぶ・撃つ・立てる〉のこの3つでシンプルだ。左右のトリガーでジェットエンジンを噴射し飛んだり移動したりし、ゴール地点で国旗を持っている方のコントローラーのタッチパッドを押すと国旗を立てることができ、そのコースはクリアとなる。

途中、コースを作り上げている全ての三角コーンの間を通り抜け、ロケットが出ている方のタッチパッドで対象の小惑星全てにミサイルを発射し破壊しなければ国旗は立てることができなくなっている。三角コーンのランプは通過したら赤から緑に変わり、対象の小惑星は赤色となっている。

グリップボタンで前後のコースに移動することができ、そのコースをクリアしていなくてもコース間の移動は可能である。マリオカート万年ビリの筆者としては、無限に続くかのような月面を、ふわふわとジェットブースターで飛び無駄に小惑星を打ちまくるのが探索してる感満載でめっちゃ楽しい。

まるで暴れ馬のようなジェットブースター、乗りこなしたら楽しいぞ~い

One Giant Leap

操作の肝は、移動手段であるジェットブースターだ。自由自在に飛び交うことができる反面、慣れないうちは絶大な威力に振り回されてしまうであろうこの装置。まさに人類の夢と希望を乗せた暴れ馬だ。

噴射口は下にあり、コントローラーを垂直に持つと上空へ、後ろに向けると前に進む。あまりトリガーを強く押しすぎると強力な噴射力によりすぐコースから外れてしまうゾ!要コントロールや!

探索したい場合は思いっきりトリガーを引くと遥か上空へ飛び上がれる。ただし下降するときの体感が超リアルなので酔う場合もあるゾ!要注意や!

ゴール地点は、青い光に包まれたゾーンで分かりやすく、VR酔いさえしなければ基本的にプレイヤーに優しく自由なゲームだ。

ゲームの流れ

One Giant Leap

スタート地点。目的と、各ボタンの説明が見れる。ボタンの説明は迷ったらメニューボタンでいつでも確認できる。

One Giant Leap

コントローラーは国旗とミサイルとなる。左右はどちらでも可能だ。

One Giant Leap

赤い岩をミサイルでくだきながら、赤ランプが点灯している三角コーン内を最短で走るべし。

One Giant Leap

三角コーンが緑色に変わったらちゃんと通ったよってサインだ。コーンの先に見えるのがゴール。

One Giant Leap

ゴール地点ゾーン内で国旗を立てたらコースクリアだ!自由自在に飛び回れ!

  関連記事

    関連する記事はありません。


あゆ巫女

Writer:あゆ巫女 仮想現実空間と現実との融合を夢見る長女。宇宙・芸術・音楽をキーワードに、独自の空間内で遊べるVRゲームの素晴らしさを広めるべく日々励んでいる。好きなゲームは「L U N E」「Universe Sandbox ²」。

 - VIVE