VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

なごみの耳かきVR

      2016/09/13

すべてを「癒す」ためだけに作られたと言っても過言ではない!

なごみの耳かきVR

「幼なじみの美少女と二人だけの空間で膝枕」・・・世の男性諸君に聞きたい、こんな神イベントが現実で起きうるだろうか。

この「なごみの耳かきVR」は、その体験が可能となるアプリ。癒し空間・癒しサウンド・癒しボイスの3コンボにより最高の癒されタイムを過ごすことができるぞ!

毎日の生活に疲れた男性陣にはすぐさま試してもらいたいのだが、アプリ起動の際にはお気に入りのマイクッションを用意することをお勧めする。それを頭をおろす位置にセットしてほしい。

あとは黙ってゴーグルをつけて彼女の言われるがままにすればいい。その結果、そこに広がる天国に君は身も心も癒されていることだろう。

コンテンツタイトルなごみの耳かきVR
ハードウェアgalaxys7edge
提供元EISYS, INC.
日本語対応1☓
ゲームパッド
価格0円

良かった点

イマイチな点

総合評価:

レビュー

「どうしたの?ふふっ、こっち向いてたら耳かきできないよ?」

なごみの耳かきVR

このアプリは、こちらから声をかけるような機能は一切存在しない。

あくまでこちらのアクションになごみたんが喋ってリアクションをしてくれるだけ。なのだが、そのタイミング・フレーズ・テンションが驚くほど絶妙

じっと見つめていれば「ふふ、どうしたの?」と囁かれ、"え、あっ、いやなんでもないよ、えへへ"とムッツリ丸出しの本音がポロポロと、ついこぼれてしまう。

またボイスはバイノーラル収録という手法により耳元で囁かれているような表現が可能なため、視覚的にも聴覚的にも彼女が本当にそこにいるかのような体験ができるんだ!

「こーら!動いちゃだめだってば。ちゃんと横になって?」

なごみの耳かきVR

なごみたんは、時に僕を叱ってもくれるしっかり者の女の子。

膝枕の体制になったら、彼女の顔を見上げてみよう。彼女は「動いちゃだめだってば!」という言葉でプンプン叱ってくれるはずだ。

それにしても、やわらかい太もも(注:クッション)と眉をひそめた困り顔、ごちそうさまです

叱られながらも、なごみたんに甘え続ける最高のシチュエーション。このタイミングで「あ、嫁見つけた」と確信する独身男子も、きっと少なくないはずだ。

  関連記事

    関連する記事はありません。


Fumito Takahashi

Writer:Fumito Takahashi VRテクノロジーでウルトラマンになれることを夢見て、今日もVR旋風に一役買います。 最新情報をドシドシ流していくので、みなさん注目していてくださいね。

 - スマホゲーム