VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

Muv-Luv VR

   

巨大でグロテスクなモンスター地球外生命体“BETA”から身を守ることが出来るか

Muv-Luv VR

マブラヴVRは、マブラヴ オルタネイティヴという恋愛アドベンチャーゲームをもとに作られたVRシューティングゲーム。

兵士となりマシンガンを持ちグロテスクで巨大な地球外生命体“BETA”を倒していくシューティングゲームが楽しめる。

そして!ゲーム中に登場したロボット戦術機“不知火・弐型”に登ることが可能!ビルほどもある大きなロボットの肩に登り下を見下ろした時の感動は大きい!

海外のデベロッパーによるゲームが多い中、日本で作られた、しかも、もともとファンの多いシリーズからの初のVRゲーム。ぜひ注目し応援していきたい!

コンテンツタイトルMuv-Luv VR
ハードウェアalienware
提供元Degica
日本語対応1☓
ゲームパッド
価格0円

良かった点

モンスターのグロさと迫力がいい。そして、エヴァを髣髴とさせるロボットが巨大で大満足!

イマイチな点

こちらはデモ版なのでシューティングゲームが楽しめる場所は限られていてすぐに終わってしまい期待感が残った。ぜひこの続編も作ってほしい!
総合評価:

レビュー

ビルほど巨大ロボットの肩に乗りたい、そんな子供のころ見た夢がここで叶っちゃう?!

Muv-Luv VR

2003年に発売されたマブラヴ、そしてその続編であるマブラヴ オルタネイティヴ、そのほかにも関連作品が多数制作された人気のシリーズの世界観をVRで表現していて、ファンはもちろんのこと、初めてマブラヴに触れるという人も十分に楽しめる内容になっている。(ちなみに筆者は今回始めてマブラヴを知りましたが思いっきり楽しめました!)

たくさんのBETAが現れる森林地帯をマシンガンで必死に身を守りながら、コントローラで進路を決めてす早く進んでいく。環境音も嵐とBETA達のうなり声を迫力満点に表していて恐怖が倍増。

目の前に広がる巨大スクリーンでマブラヴのショートアニメが楽しめる。バラエティーに富んだコンテンツで楽しみ方もいろいろなのがこのゲームの特色でもある。

このVRでファンになったら、VRの製品版を待つ間にマブラヴ オルタネイティヴを楽しむことも出来る。その他コミックやCDなど、人気のシリーズだけに既存のコンテンツも盛りだくさんだ!

何もかもが日本らしくて、VRゲームの中ではとても新鮮な感触!

Muv-Luv VR

ゲームをプレイしやすくするために、BETAを弱めに設定しているとのこと。頭が弱点なのでマジかに迫ってきてもあきらめないで狙えば倒すことが出来る。

マシンガンはトリガーを引くことで発砲できる。そして、トンネルに入り発砲できない出来ない状態、どうしよう、そうなったときに現れるのが“不知火・弐型”。VR内で日本らしいロボットに出会うことが出来る、これはまだ珍しいことだ。

お台場のガンダムに近いか、より大きいように見えるこのロボット“不知火・弐型”の機体に登る時はコントローラーのレーザーを使い登りたいところにポイントしよう。

全体を通して日本語なのがうれしいね!これから日本のVRのデベロッパーが増えていくことを楽しみにしたい!

ゲームの流れ

Muv-Luv VR

ここでマシンガンとコントローラーを手に持ち、コントローラーをスタートとかかれた枠のあたりにかざせばゲームが始まる。

Muv-Luv VR

コントローラーから出るレーザーでポイントした場所に移動することが出来る。

Muv-Luv VR

モンスターはこんな感じ、かなりグロいです。しかもがんがん近づいてくる、そこでコントローラーの表現力、ものすごく怖いモンスター感が体感できるぞ!

Muv-Luv VR

VR内ではマブラヴの動画を楽しむことも出来る!

Muv-Luv VR

ゲーム内ではシューティング、動画、そしてロボットに登れるなど夢のようなコンテンツになっている。今後製品版に期待するべくぜひこの機会にプレイしてみよう。

  関連記事

    関連する記事はありません。


anthony10000000

Writer:anthony10000000 VRによって得られる没入感と満足感は想像以上、これからどんな体験ができるのか役立つ情報をここからシェアしていきたいと思っています。

 - VIVE