VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

MIND: Path to Thalamus Enhanced Edition

      2016/08/15

VRになってパワーアップした天候操りパズルアドベンチャー!

MIND: Path to Thalamus Enhanced Edition

『MIND: Path to Thalamus Enhanced Edition』はVRの世界に入り込んだと錯覚してしまうほど違和感がないゲーム!まるでギリシャ神話のような幻の古代遺跡巡りをしてるような感覚だ。

突如、竜巻に巻き込まれて異次元に飛ばされてしまった主人公が、謎を解きつつ天候を操ってステージをクリアしていくパズルアドベンチャーだ。

謎解きをして先に進んでいく仕組みだが謎自体分かりやすく、「Path to Thalamus」の意味する通り、自然の持つ尊さと美しさの視覚への訴えかけがすばらしい

本作は、2014年に発売されて話題になった(であろう)『MIND: Path to Thalamus』のVR版。VRに対応することによってパワーアップした美しい世界にを体験してほしい。

コンテンツタイトルMIND: Path to Thalamus Enhanced Edition
ハードウェアalienware
提供元Talking About Media
日本語対応
ゲームパッド
価格898円

良かった点

天候をパズル的な謎解きで操るというコンセプトが新しくておもしろい。映像も綺麗で世界遺産をみてるみたいだ

イマイチな点

淡々と進むぞ!心を静めたいときによいです
総合評価:

レビュー

歩いているだけで楽しいね~ 散歩&パズルしよ!

MIND: Path to Thalamus Enhanced Edition

ゲームは突如竜巻に巻き込まれ崩壊した町の風景から始まる。家の中に入っていくと異次元に飛ばされ、各ステージごとに仕掛けられたパズルを解いていくと次のステージにワープする

視覚的には、前後左右360°永遠に続いてるかのような風景を見ることができるが、動ける範囲は決まっているのでまずは存分に散策するとよいだろう。

移動はトラックパッドによるVR特有の自ら動いているかのような方法と、トリガーで次の場所を指定してワープのように移動する方法と2種類ある。

個人的にはワープ方式の方がVR酔いをしないし速く動けるのでおススメだ。トリガーを引いて緑の丸のゾーンが移動可、赤のゾーンは移動不可エリアとなる。

自然の不自然に注目しろ!超天候の謎をひとつひとつ解いていこう

MIND: Path to Thalamus Enhanced Edition

操作で難しいことはなく、右手のコントローラーで移動、左のコントローラーのトリガーを引くと謎の物質が出る

謎の物質は白魔法のような胞子のような形状で、、これを同じような物質に共鳴させると道が開ける

白魔法は、各エリアに不自然に置かれた球体を持つ役割もあり、これをどこかのエリアに置くことで暴風を止めることができる。

謎解き自体はあまり難しくない。導いているかのように漂う紙切れ、不自然に置かれた鏡など、自然の中に不自然に置かれた物たちに着眼しひとつひとつ仕掛けを解いていくとよいだろう。

ゲームの流れ

MIND: Path to Thalamus Enhanced Edition

なんの前触れもなく吹き荒れる台風と人っ子ひとりいない町。そして竜巻。こええよ。この緑の丸がワープできるとこだよ!

MIND: Path to Thalamus Enhanced Edition

家の中に入るとなぜか吹雪が吹き込んで家の中はめちゃくちゃだ。ここから主人公は強制的に飛ばされワープしてしまい…!

MIND: Path to Thalamus Enhanced Edition

雪山歩く。と、明らかに怪しいなんかがいる…。………可愛いやないか!

MIND: Path to Thalamus Enhanced Edition

どこにも進めない!病んだ!けど明らかに不自然な白魔法的なものと自分の左手から出る白魔法的なものと共鳴させると…

MIND: Path to Thalamus Enhanced Edition

おやおや?!さっきまでなかった触手のようなものが道になっているぞ!進め進め!~続く~

  関連記事

    関連する記事はありません。


あゆ巫女

Writer:あゆ巫女 仮想現実空間と現実との融合を夢見る長女。宇宙・芸術・音楽をキーワードに、独自の空間内で遊べるVRゲームの素晴らしさを広めるべく日々励んでいる。好きなゲームは「L U N E」「Universe Sandbox ²」。

 - VIVE