VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

Lost Contact VR Demo

      2016/09/23

立ち上がってガンを構えろ!乗組員たちを助けるために!

Lost Contact VR Demo

『Lost Contact VR Demo』は、スペースコロニーの中で大量発生したエイリアンを撃ちまくる一人称視点のシューティングゲーム

VRゴーグルを頭につけて損傷したスペースコロニーの中へ。被害を知らせる悲痛な乗組員たちの叫び声でスタートする。

『Lost Contact VR Demo』はデベロッパーであるBlastVR が開発中の"Blast VR B1 Gun controller"でプレイするべく作った本格シューティングゲーム!・・とは言うものの、ガンコントローラの発売はまだ!しかし先にデモ版を遊ぶことができる。

プレイにはBluetoothコントローラーが必要。そして頭に固定できるVRゴーグルが必要。

コンテンツタイトルLost Contact VR Demo
ハードウェアgalaxys7edge
提供元BlastVR
日本語対応
ゲームパッド1☓
価格0円

良かった点

このグラフィック、迫り来る敵の迫力、完成度の高いグラフィックで複雑なシップ内も快適に探索でき、酔いも感じなかった!

イマイチな点

デベロッパーであるBlastVR はBluetooth ガンコントローラーも開発中!http://www.blastvr.net/ 今後もこのデベロッパーから目が離せない!
総合評価:

レビュー

Xボタンとジョイスティックで広いスペースコロニーを走りまわって攻撃だ!

Lost Contact VR Demo

『Lost Contact VR Demo』は完成度の高いグラフィックにより視界は非常にクリア!激しい呼吸の音の効果音により没入感は非常に高い。

ステージにはエイリアンたちが大量に発生している。それをライフルでどんどん撃ちまくろう。走りながらタイミングを見て猛攻撃が必要。

座ってプレイするタイプのVRゲームと違い、プレイ中にかなり体を動かすことになる。360度どの方向に進むかは自分自身の向きで決まるためリアルな疲れが発生するゲームだ。

発生する敵の勢いはゲームの進展とともに激しくなってくる。それをとにかく撃って撃って撃ちまくる!それがこのゲームの楽しみ方だ!

エイリアンがそこまで来ても諦めない!上手く避けて走って回避!

Lost Contact VR Demo

『Lost Contact VR Demo』は座ったままだとプレイしづらい。立ち上がり60度見回しながらコントローラーを操作してフィールド内を進んでいこう。かなり体を動かすので少なくとも1m四方ぐらいのスペースは必要だ。

Xボタンでイージー、ノーマル、ハードからモードを選択、Aボタンで決定、Bボタンでリロード、ジョイスティックとXボタンでかなり早く走ることが出来る。

多数のエイリアンに追い詰められた場合にはバックしながらの攻撃すれば、距離をおきつつ攻撃ができる。

ドラム缶などの障害物も敵を避けるときに使っていこう。360度全方向から迫ってくるので、障害物に隠れたエイリアンに追い詰められないように注意していこう。

ゲームの流れ

Lost Contact VR Demo

グラフィックによる視覚的な効果をここで6段階から選べる。

Lost Contact VR Demo

開発中のガンコン"Blast VR B1 Gun controller"がちらっと見れる。

Lost Contact VR Demo

ゲームスタート時はアサルトライフルのみが使用可能。この画面の後にモードセレクトの画面が出てくる。そのときはXボタンを使ってセレクトしAボタンで決定しよう。イージーモードはスペースコロニー内のグラフィックを楽しむのに有効、そしてハードはめちゃくちゃ撃ちまくろろう!

Lost Contact VR Demo

まずゲームが始まったら、360度見回してみよう。そして行先を頭の方向で決めジョイスティックで前に進んでみよう。

Lost Contact VR Demo

エイリアンたちに完全に追い詰められて逃げ道を失ってのゲームオーバー・・・次こそは!

  関連記事

    関連する記事はありません。


anthony10000000

Writer:anthony10000000 VRによって得られる没入感と満足感は想像以上、これからどんな体験ができるのか役立つ情報をここからシェアしていきたいと思っています。

 - スマホゲーム