VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

InCell VR (Cardboard)

      2016/07/12

可能な限り短時間でゴールする!可能な限りプロテインは多くとる!これができれば一人前!

InCell VR (Cardboard)

InCell VR (Cardboard)は、ナノレベルまで体を小さくして細胞内を駆け巡る、ハイスピード型アクションゲームだ。

医療がとてつもなく進化した時代、対ウイルス治療法として研究がすすめられたのが、自身の体を小さくして直接対決を挑むという男らしさ溢れる治療法。これがこのストーリーのバックグラウンドだ。

本ゲームは自走式なので、プレイヤーの操作は筒状のコースに置かれたアイテムを取りに首を左右に降るだけ。実にカンタンだ。

アイテムは、白のProtein、緑のSpeedPad赤のObstacleの3種類。実はこのアイテムがプレイの肝になるんだ。

コンテンツタイトルInCell VR (Cardboard)
ハードウェアalienware, iphone6s
提供元Nival
日本語対応
ゲームパッド
価格0円

良かった点

ハイスピードなプレイ感は爽快感も十分で、おもしろかった

イマイチな点

ウイルスに攻撃する、攻撃をよけるなどの要素があってもよかったかも
総合評価:

レビュー

タイマーがゼロになる前にNucleusまでたどり着け!

InCell VR (Cardboard)

本作でのゲームオーバーは、画面左下にあるタイマーがゼロになってしまうことだ。

このタイマーは一回の走行で少しずつ減っていくが、SpeedPadを連続してゲットするなどで減りを抑えることがきる。

そしてProteinは、ゲーム内マネーいわゆる"ゴールド"的な役割を持っているから、集めておくとタイマーを増やすアイテムがクリア後に購入できたりするぞ。

なるべく多くのタイムを確保しつつ、Nucleus(核)まで辿りつけるようにしよう。

”取るべきアイテム”と”取ってはいけない”アイテムの存在が、クリア評価を左右する!

InCell VR (Cardboard)

ゲーム中、緑のゲート赤のゲート、白のアイテムのようなものが複数回出現する。これらはプレイ結果に影響を与える重要な要素なので、しっかり把握しておくことが攻略の第一歩だ。

緑はSpeedPad、獲得すると走行スピードが上がっていくぞ。白はProteinで、獲得するごとに右下のProteinカウントが増えていくんだ。

そして赤のObstacleは他の2種とは異なりネガティブなアイテム。ゲットしてしまうと、右下のタイマーが減算されてしまうので要注意だ。

またゴール時点では、SpeedPad、Proteinの獲得数、Obstacleの回避数がプレイ成績に反映される。集中して色を見極めてパーフェクトを狙っていこう!

ゲームの流れ

InCell VR (Cardboard)

アプリ起動後はスタートに視点カーソルを当てれば読み込みが始まりゲームが進むぞ。

InCell VR (Cardboard)

一番初めは、Tutorialのみプレイ可能だ。Tutorialに視点カーソルを当てて選択しよう。

InCell VR (Cardboard)

Tutorialエリアに入ったら、真ん中の黄色く浮いている物体にカーソルを当てよう。

InCell VR (Cardboard)

黄色い物体の正体はミトコンドリアだ。これが最初のステージになるぞ。

InCell VR (Cardboard)

STARTを選択すればゲームスタートだ!表示された説明に簡単なルールが記載されているのでぜひ読んでおこう。

  関連記事

    関連する記事はありません。


Fumito Takahashi

Writer:Fumito Takahashi VRテクノロジーでウルトラマンになれることを夢見て、今日もVR旋風に一役買います。 最新情報をドシドシ流していくので、みなさん注目していてくださいね。

 - スマホゲーム