VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

I Slay Zombies

      2016/09/06

360度スマホを回転させて攻撃するゾンビ・シューティング!

I Slay Zombies

I Slay Zombies - VR ShooterはスマホでVR対応したゾンビ・シューティング。

360度から襲来するゾンビたちを自分の身体を動かして中心の点を自動的に攻撃する操作性がユニークだ。

油断すると背後から攻撃され、チープなグラフィックながらも出血の派手さもあって緊迫感がある。

武器はマシンガン・ショットガン・ライフルだけじゃなく、チェーンソーといった近接武器もあるのが面白い。

コンテンツタイトルI Slay Zombies
ハードウェアgalaxys7edge
提供元HandyGames
日本語対応1☓
ゲームパッド
価格400円

良かった点

爽快感も緊張感もあるシューティング。

イマイチな点

VRモードじゃなくても、視点プレイには広い距離が必要。
総合評価:

レビュー

I Slay Zombies - VR Shooterの特徴はド派手な出血と360度迫る敵

I Slay Zombies

プレイヤーの位置固定で、視点移動ははプレイヤー本人が端末をもって動くことで視点が移動するのが最大の特徴。

VRのシューティングに適した操作性だが、スマホだけでやろうとすると思いのほか腕が疲れるので注意だ。

「Google Cardboard」などがあれば快適にプレイできるだろう。そのためのVRモードも実装している。

また、プレイを進めてくと武器も次々開放され、さらにボスも登場する。

I Slay Zombies - VR Shooter攻略のコツはVRモード

I Slay Zombies

武器の切り替え、アイテムの取得、狙撃、それはすべて視点移動=端末をもって動かす事で行う。

武器は下をむくと切り替える。遠距離に特化したライフルやチェーンソーなど様々。

ゾンビもののあるあるだが、ドラム缶を狙撃することで爆発が起こり、多くの敵を同時に巻き込むことができるぞ。

手で持つ従来のスマホゲームのやり方だと、腕力を圧倒的に消耗するため、カードボードなどを用意するのが圧倒的に有利だ。

  関連記事

    関連する記事はありません。


Kyosuke Takano

Writer:Kyosuke Takano 1984年生まれ。多感な時期にファミコンから家庭用ゲームの黎明期・黄金期を体験して過ごす。ゲーム音楽に多大な影響を受けたギタリストでもある。

 - スマホゲーム