VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

Hitman GO: VR Edition

      2016/06/06

予想の斜め上をいく奥深さ。シンプルながら知略戦略を問われる一本

Hitman GO: VR Edition

スマホゲームでも世界的に人気のあったボードゲーム風パズル「Hitman GO」のVR向けタイトルとして作られたのがこの「Hitman GO: VR Edition」だ。人気TPS「Hitman」のスピンオフタイトルでもあるぞ。

プレイヤーは、主人公の暗殺者「47」を操って、フィールドのマス目を移動させていくんだ。47をゴールマスへ連れていければステージクリアなわけだが、そうは問屋がおろさず、行く手には見張りが・・!

見張りの死角をかいくぐって、時には見張りをフィールドから葬り去って、ゴールを目指そう。シンプルなルールの中で、どう動けばよいかと先の手を読む必要のある戦略的な要素も含んだゲームになっている。

ステージを進めていくと、「物を投げて見張りの気を引く」「変装する」など暗殺者らしいアクションを使ってゴールを目指すような仕掛けも用意されており、世界観も十分に楽しめる作りになっているぞ。

コンテンツタイトルHitman GO: VR Edition
ハードウェアgalaxys7edge
提供元Square Enix Montreal
日本語対応1☓
ゲームパッド
価格960円

良かった点

独特のテイストとパズルルールがとてもユニークで面白い。

イマイチな点

視点などあまりVRである特徴がみられなかったのが残念。。
総合評価:

レビュー

ジオラマチックなデザインがボードゲーム感のような雰囲気を醸し出す!

Hitman GO: VR Edition

「Hitman GO」の特徴は、やはりこのボードゲーム風の見た目だろう。実際のジオラマをみているかのような、きれいなグラフィックで構成されている。

また主人公の47や見張りなどが移動するときの動作も、コマを持ち上げて動かすような表現をさせている。他のゲームには見られない、実にユニークな演出が体験できるんだ。

実際のゲームの流れとは関係ないが、フィールド上の建物や人、これらもステージを構成する立派なオブジェクトであり、見ているだけでも楽しめる

ゲームプレイ中もそのタイトルとは反して、ほのぼのとした雰囲気がある。それも相まってゆっくりと思考をめぐらせながら、ゲームにチャレンジすることができるぞ。

見張りの動作パターンは一律!それを完全に読めれば、ゴールへの道が開く

Hitman GO: VR Edition

ゲームクリアへの障壁となる見張りの皆さまは、各々自由に動いているようだが、そうではなくその行動パターンは決められている。見張りの行動パターンを熟知できれば、ステージクリアへの道筋がきっと見えてくるはずだ。

見張りの正面のマスに移動してしまうと見張りにケチョンとされゲームオーバーになってしまうが、それ以外の3方向(両横、後ろ)から見張りに突撃すれば見張りをフィールドの外に追いやることができるぞ。

ステージにはそれぞれ、物を投げたり変装をしたりと見張りに見つからないように動くための仕掛けが用意されている。これらもフル活用してクリアを目指そう。

単純に見張りを全員葬り去れば、楽にゴールへ向かうことはできる。だが、"最小の犠牲だけでミッションをクリアする"、これこそが本当にスマートなヒットマンだ。ぜひプレイヤーにはここを目指してもらいたい・・!

ゲームの流れ

Hitman GO: VR Edition

人気タイトル「Hitman」。GOは実にシンプルなデザインだ。

Hitman GO: VR Edition

ステージはたっぷり用意されている。後半に進むにつれて、いろんなギミックが使えるようになるぞ。

Hitman GO: VR Edition

進行方向に見張りがいる場合は、相手の真正面に出ないように慎重に近づこう。正面対決でなければ、勝利の分はこちらにある!

Hitman GO: VR Edition

相手の正面に出てしまうと、その瞬間に見張りから強襲を受け、ペコッとやられてしまう。

Hitman GO: VR Edition

見事、クリアマスに到達できればステージクリアだ!

  関連記事

    関連する記事はありません。


Fumito Takahashi

Writer:Fumito Takahashi VRテクノロジーでウルトラマンになれることを夢見て、今日もVR旋風に一役買います。 最新情報をドシドシ流していくので、みなさん注目していてくださいね。

 - Gear VR