VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

Halls of Fear VR - Demo

      2016/09/13

暗闇に蠢く音と影…闇に包まれた迷宮でゴールを目指して探索しよう

Halls of Fear VR - Demo

『Halls of Fear VR』は暗い迷宮の中で、10個のキューブを探して脱出するアドベンチャー。

迷路のように入り組んだホールや通路を進むが、ほぼ灯りがない状態で足元とその周辺しか見えない。

決して安っぽい幽霊や、驚かすだけのブラクラ要素のゲームではない。ただただ・・恐怖心を煽る音や演出のみで構成され「怖い…けど遊びたい」となるタイプのホラーゲームだ。

そして…暗い回廊の奥には何者かが潜む。動きまわる気配と恐怖に耐えながらゴールを目指そう。

コンテンツタイトルHalls of Fear VR - Demo
ハードウェアgalaxys7edge
提供元Pernsteiner Software
日本語対応
ゲームパッド
価格0円

良かった点

全部怖い!不安すぎて何度もやめたくなった。正体不明の気配がなによりも恐ろしい・・・

イマイチな点

クリアできたが、最後がちょっと拍子抜け。ホットしたというよりは「え?終わり?」と感じた。
総合評価:

レビュー

『Halls of Fear VR』は恐怖感を呼び起こす音…

Halls of Fear VR - Demo

このゲームではとにかく音が恐怖。静かなBGMのみと思ったら何かが近づくような、急に動き出すような気配が突然襲ってくる。

暗すぎて何も見えないため、自然と一歩一歩しか進めなくなる。暗闇の先に音の正体がいるかもしれないと考えると・・少し進んで確認を繰り返すことになるので余計に怖い。ずっと不安になるので「不安すぎる…もういっそ出てくれよ」と思うほど。

通路は自由に歩き回れるが、どの場所も近づかないと殆ど何も見えない。気が付いたら目の前にいる・・ということも。

操作は簡単で、足元をみると前進と停止の切り替えができる。もしコントローラーが使える場合は少し操作が楽になる。だが安心してほしい。動きやすくなっても「怖さ」「恐怖」「不安」の要素には全く影響しない・・。

『Halls of Fear VR』では目印を覚えておくことが大事

Halls of Fear VR - Demo

暗い迷宮のような場所なので、目印があっても近寄らないと全くわからない。すでに通ったところか判断するには「扉」「ガーゴイル」「本棚」「木箱」を覚えておこう。

「ガーゴイル」は本来、屋根に設置する彫刻。わざわざ室内にあるのは、何かヒントかもしれない。近寄ってしばらく見てみようと・・・。

探し出すキューブは全部で10個だが4個まとまっている場所がある。最初の部屋から近いので、壁に沿うように移動すると見つかりそうだ。

迷路の脱出方法として「右または左の壁に沿って進む」と出口にたどり着く方法は有名。だが…この方法だと迷路に潜む怪しい気配といずれ遭遇する。。遭遇したらすぐに引き返そう。

ゲームの流れ

Halls of Fear VR - Demo

もしコントローラーをもっていれば最初に設定しよう。なしでも十分遊べるぞ。

Halls of Fear VR - Demo

またこの場所か・・・思ったよりも狭い空間なのかもしれない

Halls of Fear VR - Demo

扉や木箱など目印をみつけよう。排水溝のフタもわかりやすい。

Halls of Fear VR - Demo

屋根にあるはずのガーゴイルを見ていると・・「うぉぉおおお!!」となってしまった・・

Halls of Fear VR - Demo

この先に、何かが動く音がする。。

  関連記事

    関連する記事はありません。


Tomoyuki Hirasaki

Writer:Tomoyuki Hirasaki VRの到来にワクワクが隠しきれません。攻殻機動隊かダースベイダー的な体になることを夢みて、ワクワクするコンテンツ ヲ 探シテイキマス・・ギギ。

 - 未分類