VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

Golf VR

   

ボールに視点を合わせてショット!

Golf VR

Golf VRはCardBoardで遊べるゴルフゲーム。視点操作のみで完結するシンプルな操作が特徴だ。

イージー、ノーマル、ハードの3つの難易度ごとに用意されたコースでプレイしていく。

コースごとにスコアに応じて3段階の評価があるので、ただクリアするだけじゃ物足りないという人はベストスコアを狙ってプレイするというのもいいだろう。

難易度は結構高めで、グリーンに乗ってからなかなかカップに入らないという悔しさから、ついつい何度もプレイしてしまう。

コンテンツタイトルGolf VR
ハードウェアxperiaz5premium
提供元Ludovic Feltz / Mathieu Genoud
日本語対応
ゲームパッド
価格0円

良かった点

絶妙な難易度で、ムキになって何度もプレイしてしまう

イマイチな点

ボールを打った時にクラブが変わってしまうことがある...
総合評価:

レビュー

ホールの方向をしっかり定めてボールを打とう

Golf VR

ボールに視点カーソルを合わせるとパワーゲージが出てくるので、ちょうどいいところで矢印の方向(右)に視線をそらそう。これでショットが打てる。

最初のうちは上手く方向を定めるのが難しいが、打ちたい方向を定めたら、その方向が真横になるようにゆっくりと視線を下ろしていくとうまくいきやすい。

あまりにも遠くへ飛ばし過ぎたり、木が生い茂る方向に打ってしまうとやり直しになるので注意しよう。

最初のコースはあまり距離がないので、そこで操作になれる感じで全く問題無いだろう。

最初のうちはグリーンに乗ってから鬼門

Golf VR

大抵のゴルフゲームの場合、グリーンに乗ってしまえばあとはよほどのことがない限り数回でホールアウトできることが多いと思う。

しかしこのゲーム、慣れるまではグリーンからが一番時間がかかると言っても過言ではないのだ。

方向と力加減が非常に難しいのがその原因で、あとわずかという時ほど視点を外すのが遅れてボールが向こうに行ってしまう...ということが多い。

筆者はなかなかパーすら取れずという感じで、非常に悔しい思いをした。しかしこの絶妙な難易度が何度もプレイしてしまう麻薬なのかもしれない。

ゲームの流れ

Golf VR

難易度は3段階。ハードをプレイするにはイージー、ノーマルをクリアする必要がある。

Golf VR

フラッグにホールまでの距離が書いてあるので、その方向を狙っていこう。

Golf VR

クラブは5種類。最初はアイアンとパターくらいしか使わない。

Golf VR

視点カーソルをボールに合わせるとパワーメーターが出るのでちょうどいいところで目線を外してショット。

Golf VR

グリーンに乗ってからが地味に難しい。

  関連記事

    関連する記事はありません。


vrbank

Writer:vrbank これからますます発展すると予想されるVR。コンテンツだけでなくその技術についても非常に気になっている技術系卒です。

 - スマホゲーム