VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

Fly to kuma

      2016/06/09

VRで視点をグリグリ動かせ!コロプラ発の全年齢向け脳トレVRパズル!

Fly to kuma

Fly to KUMAはコロプラが手掛ける親切極まりないキュートな脳トレVRパズル。様々なステージ内においてある青いブロックを運んだり回転させ、クマたちを危険な仕掛けの餌食にならないよう、全員をゴールまでたどり着けるように道をつくっていく。

VRゲーの多くが英語で敷居が高いなか、完全に日本語対応しているので安心してプレイできる。グラフィックも丁寧で好感が持てるし、操作性も簡単で酔いを起こすこともない。

ストーリーはちょっとしたSFもの。とにかくロケットの頂上にいかないといかんらしい。
ー 今、全クマたちの希望を背負い ー
ー エリートクマたち8匹が立ち上がる ー

…。
……。
………。
エリートだったの…?まあいいか。かわいいし。

コンテンツタイトルFly to kuma
ハードウェアalienware
提供元COLOPL, Inc.
日本語対応1☓
ゲームパッド1☓
価格1800円

良かった点

かわいらしいグラフィックと親切な安心のコロプラクオリティで日本語対応。

イマイチな点

オブジェクトの回転や微調整にはクセがあり、思ったところに移動するのにはちょっと慣れが必要。
総合評価:

レビュー

Fly to KUMAの特徴は視線を使ってオブジェクトを操作する動作

Fly to kuma

かわいらしいクマたちを「レミングス」「ピクミン」みたいに導く本作は、ゲームになれてない女性やライトユーザーも安心してプレイできる簡単操作が特徴だ。

視線を上に見上げると、残酷な仕掛けによってやられたクマは天使となって召されていく…。少しかわいそうだが、そこの演出もVRならでは。「必見」といえるだろう。

で、クマたちを導くブロックなのだが、プレイヤーのヘッドセットの「視線」で選択し、ゲームパッドで移動する操作性となっている。視界を回転させて新たな仕組みを見つけるのも楽しいし、VRで一番心配な「酔い」の心配は皆無だ。

敷居を低くして低年齢層にもアピールするのはとてもいいと思う。、グラフィックもポップでキュートだ。

Fly to KUMA攻略のコツ

Fly to kuma

クマたちはまっすぐしか走ることができない。青いブロックを移動、回転させ、クマをゴールにまで導こう。

動かしたいブロックに視線を向け、ブロックをつかみ、再度視線を動かしてブロックを運ぶ。ゲームパッドの右スティックでブロックの角度や向きを微調整できるので適切なポジションを探そう。

一応、クマが一匹でもゴールにたどり着けばステージクリアだが、★3つを獲得することが基本的には実績解除の道でもある。十字キーで視点を回転させることによって隠されたブロックやトラップに気づくこともしばしばだ。

ゴールまでの動きはクマによってばらつきがある。ブロックの配置をしっかり考えてトラップを回避していこう。
かわいそうだしね。

ゲームの流れ

Fly to kuma

とにかく深刻なことがあってロケットを修理しなくちゃいけならしい。
頑張れクマ!がんばれベアーズ!

Fly to kuma

さすが「白猫プロジェクト」を手がけたコロプラだけあってチュートリアルは良心的ィ。

Fly to kuma

エリートクマらしいけどまっすぐしか進めないのでブロックなどをおいてカーブさせてゴールにみちびく。

Fly to kuma

実績を解除していくのが楽しいぞ。ロケットだけじゃないフィールドも用意されてる模様。

Fly to kuma

天に召されていくかわいそうなクマたち。こうはならないように神として導いてあげねばね!

  関連記事

    関連する記事はありません。


Kyosuke Takano

Writer:Kyosuke Takano 1984年生まれ。多感な時期にファミコンから家庭用ゲームの黎明期・黄金期を体験して過ごす。ゲーム音楽に多大な影響を受けたギタリストでもある。

 - Oculus