VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

EVEREST VR

   

世界最高峰からの絶景!VRエベレスト・シミュレータ!

EVEREST VR

EVEREST VR™は、その名の通り、世界最高峰の山、エベレスト登山を体験できるVRシミュレータ。

30万枚超の写真をつなぎ合わせ、1.5兆ポリゴンものデータを元につくった超絶的にリアルなグラフィックが美しい。

クレヴァスを超え、梯子を登り、雪の中を移動する。ゲームでも映画でもない、新しい体験を得ることになるだろう。

なお、ゲームとしての要素はそこまでなく、日本語対応はしていない簡単に世界最高峰からの絶景を見渡すことができるぞ。

コンテンツタイトルEVEREST VR
ハードウェアalienware
提供元Sólfar Studios ,RVX
日本語対応
ゲームパッド
価格2480円

良かった点

とにかく超美麗なグラフィック。クリア後は神の視点になれるおまけつき。圧巻。

イマイチな点

ゲーム性は薄く、ほぼ風景を眺めるのがメイン。またプレイ中の没入感は薄い。
総合評価:

レビュー

EVEREST VR™の特徴は実写かと見間違うような途方も無いグラフィック

EVEREST VR

実際のエべレストの写真30万枚以上をつなぎ合わせているグラフィックをヘッドセットで体験したら、誰しもが言葉を失うだろう。圧巻の一言だ。

また、クリア後は「神モード」で、エべレストの上を制約はあるが飛び回ったりすることもできるのも嬉しい仕様。

HTC Viveのコントローラーならではのザイルにカラビナをかけ、ハシゴを登る。テントで暖を取り、夜景に涙する…。

エベレストのデスゾーンも、最大の難所と呼ばれるヒラリーステップを超えることだって、誰しもが自室で体験できるのだ。

EVEREST VR™攻略のコツは話しかけること

EVEREST VR

足がすくむほどのクレヴァスを超えることも、ロープで断崖絶壁を駆けることもさほど難しくない。そう、このゲームならね。

アイテムを組み合わせるのにハンドコントローラーを使う部分もあるが、基本的には移動は指定したところにワープする形式。

若干悩みかねないところは、テントの中にしゃがんで入るところと、ハンドサインを他の登山者たちとするところだろうか。

ともかくこの絶景を、美しさを噛みしめよう。クリア後の神モードも、そこまで自由というわけではないがボーナスステージのようで面白い。

ゲームの流れ

EVEREST VR

標高5300mのベースキャンプ。ここで4~8週間ほど高山トレーニングをしないと登頂はできない。
このゲームだと3分くらいかな。

EVEREST VR

映画「エベレスト」のVFXを担当したRVXと,Solfar Studiosの共同プロジェクトとして発表されている。
流石としかいいようがない。すごいんだって。

EVEREST VR

ハンドサイン。手をあげて挨拶してみよう。それにしても星々の美しさよ。

EVEREST VR

困難を伴う作業も、非常に難易度の低い脱出ゲーム感覚でクリアできる。
所定の位置に立たないとスタートしないという仕様のおかげでプレイ中に衝突することもなかった。

EVEREST VR

ついに標高8848m、エベレストの頂点にたった…。そんなにこのゲームでは難しくないぜ。

  関連記事

    関連する記事はありません。


Kyosuke Takano

Writer:Kyosuke Takano 1984年生まれ。多感な時期にファミコンから家庭用ゲームの黎明期・黄金期を体験して過ごす。ゲーム音楽に多大な影響を受けたギタリストでもある。

 - VIVE