VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

Element Engine

      2016/07/20

ビルからビルへ蜘蛛のように移動、ガラスを突き破って敵の潜伏先に突入だ!

Element Engine

エレメントエンジン(Element Engine)はVR三人称視点アクションシューティングゲーム

サイバーパンクの世界をハイクオリティーなグラフィックでVR内に表現しており、一歩踏み込めばそこは攻殻機動隊かアキラのような世界、ネオ東京

運動力学に基づいてデザインされたキャラクターの動きはプレイヤーの身体感覚と絶妙にシンクロ、また非常に正確な銃の照準など、とても操作しやすい。

テクノロジーと退廃が入り混じるサイバーパンクワールドでエレメントエンジンが提供するネクストレベルのシューティングを体験してみよう!

コンテンツタイトルElement Engine
ハードウェアgalaxys7edge
提供元Seismic Games
日本語対応
ゲームパッド
価格0円

良かった点

グラフィックの美しさ、操作感共に群を抜いた完成度だと感じた。エグい演出もないので製品版は是非手に入れたい。

イマイチな点

デモ版なのでいいところで終わってしまうところ、もっと遊びたい!
総合評価:

レビュー

エレメントエンジンが提供するネクストレベルのシューティング体験とは?

Element Engine

手を伸ばしたくなるほどリアルなグラフィック。

体感とキャラクターの動きや環境が絶妙にマッチしているのでプレイに没頭しやすい、これがネクストレベルの体験か。

避難する場所に矢印のサインが出る親切設計でシューティングゲームでストレスを解消してみたい初心者シューターにもお勧め

圧倒的に美しいグラフィックと快適な操作感、ただし非常に激しく移動するため酔いを感じることも。それでもなおゲームを続けたくなり、クリアするまで何度でも挑戦してしまうだろう。

ラスボスとの戦いを目指して身を守りながら前進しよう!

Element Engine

視点移動のみでゲームは進行、タッチパネルをタップすることでシューティング、弾切れはないので撃ちまくれる

避難すべき場所にブルーの矢印が表示される、すかさず前方向へのスワイプで移動!

体力など細かい情報表示はないが、ダメージを受けると画面が赤くなりでゲームオーバーが近づくことを連想させる。ただし、何発かのダメージならばすぐに回復できる。

ボス級の敵出現の際にはメーターが現れる、このメーターが空になるまで撃つまくろう

ゲームの流れ

Element Engine

タップでシューティング、前後にスワイプで移動など、説明は英語だが中学校レベルの英語力で理解できる。

Element Engine

それぞれのシーンが、まるで映画の1シーンのように印象的。

Element Engine

ボス級の敵出現の際にはメーターが現れる。

Element Engine

画面が赤くなる、がすぐに回復するので気にせず撃ちまくって先に進もう。

Element Engine

デモは1ステージで終了、製品版が出たら間違いなく買うレベル!

  関連記事

    関連する記事はありません。


anthony10000000

Writer:anthony10000000 VRによって得られる没入感と満足感は想像以上、これからどんな体験ができるのか役立つ情報をここからシェアしていきたいと思っています。

 - Gear VR