VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

DINO TOWN

      2016/07/14

恐竜展などで見れた3D映像が、自分のスマホで見れる感動!

DINO TOWN

DINO TOWNは、「もし現代に恐竜が蘇えったら」というコンセプトで作られたバーチャル動画です。

かの大作映画「ジュラシックパーク2」でもティラノサウルスが街中に突如表れるシーンがあるが、それににたドキドキを味わえる一本になっているぞ。

街中のあちらこちらにたたずみ、練り歩く恐竜たち。子供のころに夢見た光景のような気がする。

動画は、地上を歩く視点と、プテラノドンの背中に乗って空中から見下ろす視点の2部構成となっている。

コンテンツタイトルDINO TOWN
ハードウェアgalaxys7edge
提供元Up-frontier, Inc.
日本語対応
ゲームパッド
価格0円

良かった点

イマイチな点

総合評価:

レビュー

プレーヤーの進行は自動で、視点のみ360を見渡せる

DINO TOWN

本作はプレーヤーの移動は自動で行われるのだが、視点を自由に変えることができるので、それこそサファリパークのように360度を見渡す楽しみかたができるぞ。

1部ではアンキロサウルスのような草食恐竜以外は、基本獰猛そうな肉食恐竜ばかりなので、「食べれられそう」「ふみつぶされそう」というほど良い緊張感が生まれてくる!

リアリティというところでわがままを言えば、街という設定なので人がいなく閑散としている情景よりは一般人などが置かれている方がよいかなど思うところもあれど、それは今後のアップデートに期待したい。

プテラノドンの背中で夢の空中散歩

DINO TOWN

恐竜の背中に乗って、空中遊泳なんて、なかなか夢のある演出をしてくれるアプリじゃないか。

たしかにアミューズメントパークに行けば、近しい体験をさせてくれるようなアトラクションはあるかもしれないが、何より自分のスマホで簡単にそれを楽しめることに本作の魅力がある

動画だけでなく、ゲーム軸を持たせて恐竜とともに自由に操作できるパターンのアプリを次は作ってもらえないだろうか。

  関連記事

    関連する記事はありません。


Fumito Takahashi

Writer:Fumito Takahashi VRテクノロジーでウルトラマンになれることを夢見て、今日もVR旋風に一役買います。 最新情報をドシドシ流していくので、みなさん注目していてくださいね。

 - スマホゲーム, スマホ動画