VRニュースメディア VR Inside

VRの未来を創る
ビジネスメディア

Chronos

      2016/08/13

VRに登場した「ダークソウル」風ハイエンド三人称アクションRPG!

Chronos

Chronosは、操作性・グラフィック・ボリューム、すべてに王道感のある三人称視点のアクションRPG。

「ダークソウル」系のハードなバトル
と、深みのある世界観で謎解きを楽しめる。

主人公が加齢していくというショッキングかつ斬新なリプレイ性の高いシステムも注目だ。

「初期のバイオハザード」のような定点カメラでのプレイは、VRによくある画面酔いは皆無だ。

コンテンツタイトルChronos
ハードウェアalienware
提供元Gunfire Games LLC
日本語対応
ゲームパッド
価格4990円

良かった点

コンシューマゲームと同じ操作感でプレイできる操作感と王道を感じさせるボリューム。

イマイチな点

日本語未対応の謎解きはハードルが高く、三人称視点の固定カメラゆえに移動が不便なときも。
総合評価:

レビュー

Chronosの特徴は王道アクションRPGと呼べる操作性と斬新な要素の共存

Chronos

どうやら主人公は世界滅亡後の世界を救うべく、様々なダンジョンを飛び回るようだ。

VRながら、従来のコンシューマゲームのような視点と操作性がゲーマーにも親しみやすいだろう。

もちろん臨場感はその比ではない。カメラこそ定点だが、視野角はヘッドセットの向きで回転させられる。

主人公が死ぬたびに、復活する度に年をとってゆき、外見も老いていくのがユニークだ。

Chronosの攻略のコツは回避と防御を使いこなす

Chronos

最初の謎解きが長い。パソコンに鍵をはめ、塔入り口にあった端末を起動させ、冒険の世界に旅立とう。

そして、敵は強く難易度は高い。無双シリーズのようにぶっきらぼうに攻撃してるだけではすぐに殺されるだろう。

若い時は身体能力系のステータスが効果を発揮する一方、年をとるに連れてカウンター攻撃のほうが得意になる。
老齢になると身体能力系のステータスは上がらない。

10年ごとに年の功ってやつか、パワーアップボーナスをもらえる。後は我々プレイヤーが頑張るしかない。

ゲームの流れ

Chronos

キャラメイクされ、お鍋の蓋と武器をもって漂着した主人公。

Chronos

崩壊世界のコンピュータを再起動させ、世界再生を目指す…(みたいなストーリー、なのかな?)。

Chronos

SF風の世界観から一転しファンタジー風の世界へ。
油断すると即死のハードなRPG!

Chronos

謎解き要素も強い。小生、PCに鍵を指してアンロックするまでに二時間くらいかかりました。

Chronos

ショッキングな加齢シーン。年を強くなると魔力と知恵で…みたいなのがRPGの常だけど…?

  関連記事

    関連する記事はありません。


Kyosuke Takano

Writer:Kyosuke Takano 1984年生まれ。多感な時期にファミコンから家庭用ゲームの黎明期・黄金期を体験して過ごす。ゲーム音楽に多大な影響を受けたギタリストでもある。

 - Oculus