VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

C O S M

   

VRが作り出すリアルな人体の中をミクロ単位でお散歩しよう

C O S M

『C O S M』は、人体や水草の中に分子レベルで入り込み細胞など人体の中のミクロな世界を探検することができる内視鏡シミュレーションゲーム。

理科の授業で顕微鏡で観察した細胞、ぬっとりとうごめく異形の生物に心を奪われたキッズは少なくないはずだ。

ありそうでなかった、ただの〈観察〉ではなく〈探検〉するということ。VRの特性を十二分に生かし、あたかも細胞になったかのような気分で人体を見たり探索したりできるのだ。

バックで流れる神秘的なエレクトロニカ調の音楽も素晴らしく、細胞が作り出す宇宙に浸るのにうってつけだ。

コンテンツタイトルC O S M
ハードウェアalienware
提供元Dynamoid
日本語対応
ゲームパッド
価格735円

良かった点

人体にいる感が半端ない!細胞ってこんな愛すべき存在だったんだ…!あと個人的に音楽が最高。

イマイチな点

自分で移動できるともっとよいかも?目の付け所はクールだね!アップデートに色々期待!
総合評価:

レビュー

本当に体内にいるかのような感じ…神秘的な空間も相まって居心地は最高だ

C O S M

まず特筆すべき点は、VRならではの入り込み方がすごい。自分が人間だということを忘れて、細胞になったような気分になる。あと細胞がめっちゃ可愛くて愛着が沸きまくる。

物質を拡大しミクロの世界に入っていくときのワープ感もとんでもなく、実際には入り得ることのできない世界への未知の扉がぐわっと開いたような感じだ。

次にビジュアルがすっげー綺麗で細胞の最限度が素晴らしい。細胞って芸術なんだな…!

理科嫌いな人も、今日から細胞たち(可愛い)が生み出す人体の神秘について考えずにはいられなくなるだろう。

勉強するもよし、細胞とお友達になるもよし!どっちも十二分に楽しめる

C O S M

物質には、左のコントローラーのトラックパッドの、プラスまたはマイナスで入り込んだり出たりできる。

右のコントローラーは、指し示す光を物質に当てると名称が、トリガーを引くと物質についての説明が英語で表示される。

HTC Viveは基本的に日本語未対応なソフトが多いため、ネイティブでない我が日本人は苦労するかもしれないが、説明がなくても細胞たちが続ける動きを永遠にみているだけで十分楽しめるぞ!推せる…!

個人的な推しメンは、手の中にいる、ミトコンドリアみたいな[Skin Cell]ちゃんと恥ずかしがり屋の[Hexokinase]ちゃん!まじ推せる!

ゲームの流れ

C O S M

入り込む対象の物体を選ぼう。現在、入り込む対象は手と水草のみとなっているが、脳と心臓を誠意製作中らしいのでアップデートが楽しみだ。

C O S M

手の中に潜り込むことを決めた我。

C O S M

ぐわ…っっ!!!潜り込む瞬間。視覚だけでなく体感まで感じられちゃうのはVRならでは。

C O S M

皮膚の表面。トリガーで説明が丁寧に出てくる。非常に理科と英語の勉強になる。

C O S M

潜入成功!ミトコンドリアみたいなダニみたいなSkin Cellちゃん、まじ可愛くい。ペットにしたい。

  関連記事

    関連する記事はありません。


あゆ巫女

Writer:あゆ巫女 仮想現実空間と現実との融合を夢見る長女。宇宙・芸術・音楽をキーワードに、独自の空間内で遊べるVRゲームの素晴らしさを広めるべく日々励んでいる。好きなゲームは「L U N E」「Universe Sandbox ²」。

 - VIVE