VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

Anshar Wars 2

      2016/06/06

宇宙や地上で360度縦横無尽に移動できるVRシューティング

Anshar Wars 2

「Anshar Wars 2」は、超わかりやすく言うとVR版「スターフォックス」とも言える3Dシューティング。

広大な空間を自由に戦闘機を操作し、敵機を撃墜していく。
宇宙だけじゃなく、雪原などの多様なステージを自由自在に飛び回れる操作性は、移動できないシューティングが多い中大きな魅力となるだろう。
頭を動かし照準を定める操作には慣れが必要かもしれないが、アナログスティック以上に臨場感と直感的な操作が可能になった。

ステージは13ステージと前作よりパワーアップしている。また、ステージによって機体も変化する(選択できないのはやや寂しいが)。
スピード感はややないが、3D酔いを起こしやすい自分も心地よくプレイできた。

日本語は現在未対応だし、1.6Gの大容量、Gear VR向けアプリの中でも1200円と高額だが、それに見合った「体験」ができるシューティングだ。

コンテンツタイトルAnshar Wars 2
ハードウェアgalaxys7edge
提供元OZWE
日本語対応
ゲームパッド
価格1200円

良かった点

自機を360度グリグリ移動できる宇宙空間は臨場感がある

イマイチな点

スピード感がもう少しあればさらなる名作の予感がした。あと、ゲームとしては大味。
総合評価:

レビュー

「Anshar Wars 2」の最大の特長は宇宙空間を自由に移動できること

Anshar Wars 2

酔いを防ぐためか、VRゲームのシューティングゲームには移動が制約されてしまうゲームは多い。

だが、本作は向いている方向に向けて移動することができる。
スワイプでスピードの調整を行うことができ、隕石の間をくぐったり敵の追跡をとんぼ返りで回避する、などといった動作が可能になる。

ステージも多く、やりこみ要素も充実しているし、ストーリーもあり、英語ではあるが、キャラクター達がボイスで臨場感を盛り上げてくれる。
グラフィックもよく、酔いもなく楽しめる操作性は、やや高額ではあるが、スマホVRゲームのフラグシップ・ソフトという高水準なゲームといえるだろう。

「Anshar Wars 2」攻略のコツ

Anshar Wars 2

威力は弱いが弾数無限のマシンガンと、弾数に制限はあるが強力なミサイルを使い分けていく。

側面のタッチパッドをタップで機銃、前方にスワイプするとミサイルを発射する。
ミサイルは弾数は5発しかないので、ロックオンしてから確実に当てていこう。
足りなくなったら敵を倒したりすることで出現するアイテムで補充することができる。

あと、タッチパッドを上下にスワイプすることで移動スピードを調整するブーストが可能だが、障害物にあたると即時ゲームオーバーなのでスピードのあげすぎには注意だ。

あと、本作は後方を向かなくてはいけない事が多いため、首の移動だけではしんどい局面もある。
快適にプレイするには回転椅子を用意したほうがいいかもしれない。

ゲームの流れ

Anshar Wars 2

何やらストーリーはわからんが俺はどうやらエースパイロットらしい。

Anshar Wars 2

ストーリーモードに加えマルチプレイヤーモードも可能。要するに対戦ね。

Anshar Wars 2

13のステージが確認されている。

ステージごとに機体も変更される。

Anshar Wars 2

隕石と隕石の間を通るときなんか、「のび太の宇宙小戦争」思い出しちゃったもんね。

まあタイトルからしてリトルスターウォーズだもんね。

Anshar Wars 2

ミサイル命中!まさしく「スターフォックス」の正統進化といえるだろう。

これでもう少しシューティングゲームとして機体のカスタマイズなどができたら…ああ恐ろしい!

  関連記事

    関連する記事はありません。


Kyosuke Takano

Writer:Kyosuke Takano 1984年生まれ。多感な時期にファミコンから家庭用ゲームの黎明期・黄金期を体験して過ごす。ゲーム音楽に多大な影響を受けたギタリストでもある。

 - Gear VR