VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

【PSVR】Until Dawn: Rush of Blood~容赦のないホラー演出が話題に。ジェットコースターに乗って敵を倒すガンシュテーィング

      2016/12/29

総合評価:B

タイトルUntil Dawn: Rush of Blood (アンティル ドーン: ラッシュ オブ ブラッド)
ハードウェアPlaystation VR
提供元株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ジャンルFPSシューティング
マネタイズ2160円(売り切り型(追加課金なし))
配信先このアプリをダウンロードしにいく

Until Dawn: Rush of Blood (アンティル ドーン: ラッシュ オブ ブラッド)ゲーム画像

体感性:ジェットコースターや2丁拳銃という設定を駆使して高いレベルの没入感を実現している。(評価:B)

・ジェットコースターに乗っているという設定にすることで移動のリアリティを高めるだけでなく、首を傾けて障害物を避けるアクション性も付加。ジェットコースターに乗っているのは他ならぬ自分だという実感が持てる。
・体力ゲージや残弾数などのインフォメーションを、自分が乗っているコースターの情報としてまとめており、リアリティを台無しにする要素は極力排されている。
・DUALSHOCK、モーションコントローラーのいずれでも操作可能。コントローラーを銃に見立てて動かす操作方法はアーケードのガン・シューティングゲームのようで臨場感がある。二丁拳銃という設定になっているため、DUALSHOCKでも違和感なく没入できる。

体感価値:現実と錯覚するレベルのグラフィックで、容赦のない恐怖が描かれている。VRならではのホラーコンテンツ。(評価:B)

・グラフィックの美しさは、現実の中の風景かと錯覚できるレベルの高いクオリティ。襲いかかってくる敵を銃で倒す…といういかにもゲーム的・非現実的な内容を描いているにもかかわらず、リアリティは損なわれていない。
・ジェットコースターの途中に電気ノコギリが仕掛けられていたり、敵の四肢がもげたりするなど恐怖表現に容赦はない。そのままでも十分な恐怖を感じられるが、VRによって思わず悲鳴をあげるレベルの恐怖にまで高められている。

独自性・新規性:頭の傾きで障害物を避ける要素は斬新なだけでなく、ゲームから単調さを取り除いている。(評価:C)

・ジェットコースターの途中に仕掛けられている板や電気ノコギリといったトラップを、首を傾けて避けていく要素は新規性・独自性が高い。ゲームの流れにリズムを作り出し、単調になることを防いでている。

VR酔い:ジェットコースターによる加速と高さの変化、画面の振動によってVR酔してしまうことも。(評価:E)

画面の揺れ・振動:少し違和感を感じたがプレイはできた
視点の変更・回転:酔わなかった・気にならなかった
加速度による錯覚:少し違和感を感じたがプレイはできた
回転・明暗:酔わなかった・気にならなかった
操作と異なるアクション:そういった表現はなかった

押さえておくべきポイント:ジェットコースターという状況を最大限活用して、VRならではのガンシューティングを実現。今後の課題は繰り返しプレイか。

PS4向けホラーアドベンチャーゲーム「Until Dawn –惨劇の山荘–」のスピンアウト作品。本編とは異なり、ゲームジャンルはホラーガンシューティングゲームとなっている。

ゲームシステムは襲い来る敵をショットで倒していくオーソドックスなガンシューティング。ジェットコースターに乗った状態で進行するという設定を最大限活かしており、首を振って障害物を避けるというアクション性も追加されている。

プレイしたユーザーにはグラフィック、ゲーム性とも高く評価されており、特にホラー要素に関しては悲鳴を上げるほど怖いと話題。
ゲーム内の舞台を遊園地としていることもあってか、中には現実遊園地のアトラクションと比較してコストパフォーマンスの高さを評価している声も。

今後VRコンテンツを評価する際に、「遊園地のアトラクションでは味わえないような何かがあるかどうか?」はひとつのハードルにな
るかもしれない。(本作の場合、遊園地のアトラクションでは決して実現できない容赦のないホラー要素によって評価を生んでいるようだ)

ただし、意見の中には一本道であまり繰り返しプレイに向いていないことを指摘する声もあった。繰り返し要素をどう組み込むかは、本作のみならず長時間プレイには向いているとは言えないVRコンテンツ全体の課題となりそうだ。

マーケット状況

PSVR

リリース当日執筆当日
★評価(レビュー)-平均★評価:5(124件)
PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • 価格¥ 53,978(2017/01/06 12:29時点)
  • 発売日2016/10/13
  • 商品ランキング374位

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Kazuhiro Tanaka

Writer:Kazuhiro Tanaka ゲーム作りからゲームレビューまで、ゲーム何でも大好きなゲーム作家。子どものころから夢見ていたVR技術の実現に歓喜!ホラーとオカルトが大好きなので、バーチャル世界でたくさんのゾンビや亡霊に何度も殺されたい!!

  関連記事