VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

【HTC VIVE/Oculus】Twisted Arrow~フィードバックが戦闘を詳細に表現、アーチェリーのアクションによって新鮮なFPS体験!

   

総合評価:A

タイトルTwisted Arrow (ツイステッド アロウ)
ハードウェアOculus Rift, HTC VIVE
提供元Phaser Lock Interactive
ジャンルFPSシューティング
マネタイズ1980円(売り切り型(追加課金なし))
配信先このアプリをダウンロードしにいく

Twisted Arrow (ツイステッド アロウ)ゲーム画像

体感性:スピード感のある移動で大きなマップもストレスなくプレイ可能、トラッキングの不安定さが唯一残念(評価:C)

・メニューボタンを押すことで次に移動が出来る場所が現れ、選択し移動することが出来る。ポイントからポイントへのワープ方式での移動となるが、その間も酔いにつながるような要素はなかった。

・敵の動きが滑らかで自然なため、戦闘にスムーズに没入できる。

・コントローラーに対するトラッキングに遅延が起き、実際の位置とVR内での表示位置とでずれが出てしまうという現象が時々起こった。

体感価値:光と振動とSEにより弾の命中さえ体感できる表現力の高さが戦闘体験を非常にリアルなものにしている(評価:A)

・右手に持ったコントローラーはアローに、左手に持ったコントローラーはボウとなり、それぞれが触感フィードバックを繊細に与えてくれるため、なかなか体験することのできないアーチェリーを、しっかりとした体感と共に体験できる。

・アローのカラフルで近未来的なデザインや質感がかっこいい!目に入るたびにモチベーションをあげてくれる。

・6種類のアローは、それぞれが異なった特徴を持ち距離や対象となる目標によって戦略を立て使い分けることが出来る。

・近く遠くに関わらず、敵の当たり判定が的確なので、当たった際の満足度が高い。

・相手の弾が自分に命中した際の光と血しぶきにより、熱さや痛みに似た体感を得ることが出来る。

独自性・新規性:敵からは群を抜いた重量感や実際にそこにいるような存在感を感じることができ、独自性を感じた(評価:A)

・敵の大きさとずしりと重みのある絶妙な存在感に独自性を感じた。プレイヤーより若干大きめなサイズの敵の兵士たち武装し滑らかに動き回る姿から、実際の人間のような重量感と存在感を得ることが出来た。

・触感フィードバックの繊細さに独自性を感じた。アーチェリーに対する体感だけではなく、敵が倒れた時や、爆発して飛び散った破片による細かな振動その他あらゆるシーンで触感フィードバックが状況を詳細に表現し臨場感を高めている。

VR酔い:移動時に多少の違和感あり。(評価:A)

振動:該当現象がほぼ発生しなかった
回転:該当現象がほぼ発生しなかった
明滅:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
加減速:該当現象がほぼ発生しなかった
移動:現象発生時、若干違和感を感じたが、ある程度快適にプレイできた
画面切り替え:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた

押さえておくべきポイント:グラフィックとSEと体感のバランスが最高!現実を忘れるほどの体感の高い戦闘体験が楽しめるアーチェリーFPS!

「Twisted Arrow」はボウとアローを手に墜落したヘリコプターから戦地に降り立ち、ゾンビやサイボーグ、未来のロボットや科学によって生み出されたモンスターたちと戦うアーケードスタイルのFPS。

独特な世界観の感じられるグラフィックで、迫力がありながらもどこか親しみが持てる敵のキャラクターも魅力的だ。

ボウとアローをコントロールする際のフィードバックに加えて、爆発の衝撃や破片からの振動、敵が倒れた際や、ヘリコプターが横切る際の振動など、コントローラーからのフィードバックにより繊細に表現されており非常に高い臨場感を得ることが出来る。

ワープ方式の移動だが、画面の暗転がほぼない。

移動先に到着した際の演出は高速移動を感じさせるようで、多少の違和感を感じる可能性はあるもののスピード感のある移動が可能なため、大きなマップが楽しめる。

SteamでもアーチェリーによるFPS体験を喜ぶ声が多く見られた。

また、コントローラーでのボウとアローの操作もおおむね快適であり、その点も高評価につながっていた。

ゲームプレイに支障があるほどではないものの、コントローラーに対しての遅延がたびたび起こってしまったのは確か、表示がずれた際にはフィードバックにもずれが生じてしまうため、改善が必要なポイントといえるだろう。

筆者の感想

アーチェリーを体験できる機会がもともとあまりないだけに、体感の高い本作はプレイヤーからのニーズの高いゲームだと感じた。

グラフィックにより表現されたボウはとても美しく、手に持って眺めているだけでも魅了されるほどの出来で目に入るたびにうれしい気持ちになった。

筆者的にはアローを引いた際のフィードバックがもう少し強くてもいいかもしれないと感じたのだが、ぐっと引いて撃つという、まったく違ったアクションで、通常のFPSとは全く違う新鮮な体験が出来た。--

マーケット状況

Steam

リリース当日執筆当日
レビュー数15(好評14:不評1)30(好評28:不評2)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

anthony10000000

Writer:anthony10000000 VRによって得られる没入感と満足感は想像以上、これからどんな体験ができるのか役立つ情報をここからシェアしていきたいと思っています。

SHIFT

評価・レビュー協力企業:株式会社SHIFT 「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」をコーポレートビジョンに掲げるソフトウェアテストの専門企業で、幅広い領域の高品質なソフトウェア製品の開発をサポートしています。
新たな技術としてその躍進が注目されるVRの領域でSHIFTが目指すのは、「仕様通りに動く」だけでなく「ユーザーが安心して快適に楽しむことができる」高品質なコンテンツの提供です。
サービス詳細に関するお問合せはコチラ

  関連記事