VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

【HTC VIVE/Oculus】Redout: Enhanced Edition~最高のスピードが体感できる、反重力の近未来レース

      2017/02/15

総合評価:B

タイトルRedout: Enhanced Edition (レッドアウト:エンハンスド エディション)
ハードウェアOculus Rift, HTC VIVE
提供元 34BigThings srl
ジャンルレーシング
マネタイズ3480円(売り切り型(追加課金なし))
配信先このアプリをダウンロードしにいく

Redout: Enhanced Edition  (レッドアウト:エンハンスド エディション)ゲーム画像

体感性:グラフィックが首振りに遅延してしまうため、改善すればより没入できる。(評価:C)

・衝突時などにコントローラーに振動があり、衝撃をうけている感覚が高まる。
・サウンドに遠近感があり、入り込める。
・首振りにグラフィックが遅延する点に没入を阻害される。

体感価値:操縦音・移り変わる景色から、スピード感をリアルに体験できる。(評価:B)

・操縦音や移り変わる景色等から、スピードをリアルに体験できる。
・操作を誤るとすぐに壁に衝突するので、ドキドキして臨場感がある。
・レースコースもねじれがあったりジャンプがあったりと、反重力のスリルを感じられる。

独自性・新規性:速度がトップクラス。反重力の未来的なレースコースを猛スピードで周回する爽快感。(評価:B)

・反重力の未来的なレースなので、かなりのスピードが体感できる。常にジェットコースターに乗っているような速度でコースをまわれて爽快。

VR酔い:回転・加減速・移動に酔う要素がある。(評価:D)

振動:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
回転:現象発生時、一部、酔いを感じる部分があったが、プレイはできた
明滅:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
加減速:現象発生時、一部、酔いを感じる部分があったが、プレイはできた
移動:現象発生時、一部、酔いを感じる部分があったが、プレイはできた
画面切り替え:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた

押さえておくべきポイント:スピード感のあるレースを体験したい人にオススメ。プレイ人口が多いため、マルチ対戦にも期待。

浮かび上がっている機体を操縦する、反重力の近未来的レーシングゲーム。

トップクラスのスピードが特徴で、うまくコースをまわれると爽快。

スリルと臨場感も味わえるので、速さを感じたい人は特に体感する価値がある。

マイナスなのは、素早く首を動かすとグラフィックが遅延して揺れる点。
改善すると没入を阻害する要素がなくなって良い。

VRのみの配信ではなく、プレイ人口が多いので、オンラインのマルチプレイも楽しめそうだ。

マーケット的にも、圧倒的なスピード感が特に好評。今後も高めの評価がされるだろう。
酔いに関しては個人差があるようで、酔わなかったという人も酔ってしまったという人も一定数いる。

VR空間でのレーシングゲームのため、やはり回転・加減速・移動に酔うプレイヤーが多く発生しそうである。
ただ、レースゲームをプレイ中にありがちな、コースに合わせて身体を傾けたりしてしまうこと、これで多少酔いが軽減されたプレイヤーもいた。

ただ、もし酔ってしまっても液晶で遊べるので、完全に無駄にはならない安心がある。

マーケット状況

Steam

リリース当日執筆当日
レビュー数996(好評895:不評101) 2016/09/031051(好評944:不評107) 2017/01/18

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

shu

Writer:shu 萌え文化・コスプレ文化に携わり自らも実践する女子大生ライター。VRによる既存文化の発展に並々ならぬ興味をもっています。

SHIFT

評価・レビュー協力企業:株式会社SHIFT 「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」をコーポレートビジョンに掲げるソフトウェアテストの専門企業で、幅広い領域の高品質なソフトウェア製品の開発をサポートしています。
新たな技術としてその躍進が注目されるVRの領域でSHIFTが目指すのは、「仕様通りに動く」だけでなく「ユーザーが安心して快適に楽しむことができる」高品質なコンテンツの提供です。
サービス詳細に関するお問合せはコチラ

  関連記事