VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

【HTC VIVE】FormulaVR ~ 酔い対策も概ね問題なし!追加アップデート次第ではさらに長く楽しめるVRのF1レースゲーム!

      2017/08/28

総合評価:B

タイトルFormulaVR(フォーミュラVR)
ハードウェアHTC VIVE
提供元SAT-BOX
ジャンルレーシング
マネタイズ1289円(売り切り型(追加課金なし))
配信先このアプリをダウンロードしにいく

FormulaVR(フォーミュラVR)ゲーム画像

体感性:安定したトラッキングと酔い対策も問題なく、快適にプレイが可能。(評価:B)

・トラッキングが安定しており、モーションコントローラーでの操作、そしてHMDでの視点操作共に遅延がなく問題なく動作する。

・レーシングゲームという画面上の移動や画面の移り変わりが激しいゲーム性ながら、酔い対策がしっかりなされているので、さほど大きな酔いを感じることもなく、快適にプレイすることが出来た。

体感価値:レーシングゲームとしてはよくできているのでアップデートなどで長く遊べるコンテンツにすることもできるだろう。(評価:C)

・F1レースという男の夢の様な世界を体験できるのはVRならではで、勿論男性の方以外でもこの爽快なレース体験を楽しめ、誰でも簡単にVRでF1レースを出来る。

・オンラインマッチや実績、ゲーム内通貨でコース追加やレーシングカーの追加があればさらに評価を伸ばすことが出来るだろう。

・UIで速度計やラップ数を表示するのはゲームとしては間違いではないが、VRコンテンツとしてはリアリティに欠け、没入感を損なってしまうだろう。

独自性・新規性:グランツーリスモやDRIVECLUB VRなどライバルタイトルが大きいVRレースゲームで独自性があればライバルにも勝てる要素になれたはずだ。(評価:E)

・特になし

VR酔い:移動に関して酔い対策がされている。(評価:B)

振動:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
回転:現象発生時、若干違和感を感じたが、ある程度快適にプレイできた
明滅:該当現象がほぼ発生しなかった
加減速:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
移動:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
画面切り替え:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた

押さえておくべきポイント:VRコンテンツとしては酔い対策や安定感で非常に評価が高いが、ゲームとしてのボリュームアップは必須のように感じられた。

「FormulaVR」はVR空間でF1のレースを体験できるVRのレーシングゲームである。

モーションコントローラーで直観的なハンドル操作が出来、正にF1カーを操作しているという没入感の元でプレイが可能。

体感性は非常に高く、安定したトラッキングで視点操作やモーションコントローラーでの操作ともに違和感なく操作出来る上にフレームレートも安定しているので体感性において問題はまったくないと感じた。

他にも、レーシングゲームという画面の移ろいが多く、VR酔いが気になるゲーム性ながらしっかりとVR酔い対策がなされているので、プレイ中に中断したくなるほど、酔いを感じてしまうということはなかった。

体感価値は、F1レースという普通の人ではまず、車に乗ることすら出来ない体験を楽しめるというので、さすがVRだと、VRならではの魅力につかるにはとっておきの作品となっている。

気になったのはゲーム中のUIの仕様で、ゲーム中に現実世界ではありえない空中に速度計や残りラップ数などが表示されてしまっている。

これは他の非VRのレースゲームだとしたら、ゲーム情報を多く表示することでよりゲームに没頭できるようなUIとして優秀で間違いないのだが、VRのコンテンツとしてを考えた場合、リアリティが薄れ、没入感を損なう要因になりえる無視できない要素だ。

他にも少ないコース数や乗れる車種の少なさも気になるポイントで、VRレーシングゲームとしてみた場合、グランツーリスモやDRIVECLUB VRなどなど、ライバルのタイトルが非常にビックネームであるため、独自性としてボリュームアップは必須である。

ボリュームアップや定期的なアップデート次第では、ジワ売れを狙うことも出来るはずだろう。

筆者の感想

VRのレースゲームということで、レーシングゲームは苦手ジャンルではあるのですが、直観的な操作が可能な分苦手な筆者でも簡単に遊ぶことが出来ました。

画面の移動速度が非常に速いレーシングゲームをVRにするということで酔わないかという不安がプレイ前にはありましたが、そんなこともなく安定して遊ぶことが出来ました。

VRの爽快感や臨場感、そして操作の快適さなど、VRの良い部分を非常に感じやすい作りになっているのも特徴的で、VRを初めて触るVR初心者にお薦めしたいタイトルだと感じました。

欠点があるとすれば、実績機能や、オンラインモード、がない点やコースや車種の選択肢が少なく、何度も遊べるコンテンツかといわれると「YES
」といいづらく、ボリューム不足は強く、バージョンアップや追加DLCなどがあればうれしいところです。

VRの良さを感じてもらうにはとても分かりやすいゲーム性と快適なVRコンテンツではあるので、VRゲームをやり込むようなコアゲーマーの方にはお勧めできないけど、初心者の最初の一本にはうってつけではないかと思います。

マーケット状況

Steam

リリース当日執筆当日
レビュー数3(好評3:不評0)5(好評5:不評0)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

1ch

Writer:1ch フラッシュ黄金期にゲームや映像に魅せられ、趣味でバンドのミュージックビデオや映像を作成しながら音楽も作っていたりしています。 芸術、文化、社会的な側面からVRという新媒体を見守り、新しい情報やゲームを紹介していきます。

SHIFT

評価・レビュー協力企業:株式会社SHIFT 「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」をコーポレートビジョンに掲げるソフトウェアテストの専門企業で、幅広い領域の高品質なソフトウェア製品の開発をサポートしています。
新たな技術としてその躍進が注目されるVRの領域でSHIFTが目指すのは、「仕様通りに動く」だけでなく「ユーザーが安心して快適に楽しむことができる」高品質なコンテンツの提供です。
サービス詳細に関するお問合せはコチラ

  関連記事