VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

【HTC VIVE】Crazy Fishing ~ インタラクションが豊富!「Job Simulator」を彷彿とさせる自由度の高い釣りが楽しめる釣りゲー。

      2017/07/31

総合評価:B

タイトルCrazy Fishing(クレイジーフィッシング)
ハードウェアHTC VIVE
提供元Mana Wings
ジャンルシミュレーションゲーム
マネタイズ1980円(売り切り型(追加課金なし))
配信先このアプリをダウンロードしにいく

Crazy Fishing(クレイジーフィッシング)ゲーム画像

体感性:安定したグラフィックやトラッキングに加え、音や振動での演出でさらにVRへの没入感、臨場感を高めてくれる。(評価:B)

・トラッキングに違和感はなく、グラフィック面でもフレームレートの低下による遅延は見受けられず、快適にプレイできた。

・釣竿を振りルアーを飛ばす際の風を切るサウンド、や池にルアーが落ちたときのサウンドの遠近感、釣り針に魚が掛かり糸を引く時の振動など、グラフィックだけでなく音と、モーションコントローラーの振動でリアルな没入感を高める工夫がなされていた。

体感価値:釣りを楽しめるだけでなく、お金を稼いで新しいルアーを買うやり込み要素や、釣った魚で遊べるインタラクションなどなど飽きの来ない遊び心が満載!(評価:B)

・直観操作で体感的に釣りを楽しめるVRゲームで、魚が針にかかる速度や釣り上げるまでの速度も現実世界の釣りと違い、テンポ良く進行するので楽しい。

・釣った魚を売ることで、新しい釣り竿やルアーを購入出来たり釣った魚を加工して食べたり、部屋の水槽に飾ったり、魚をたくさん釣ると次の釣り場が解禁されたりやり込み要素も抜群!これによりリプレイ性もグンと上がる。

・かわいらしいポップな世界観に入り込むのも楽しく、魚のデザインが非常にユニーク。例えばブーメランの形をした魚は本当にブーメランとして投げて飛ばすと戻ってきたり、魚以外にも空間上のオブジェクトは触ったり投げたりできるインタラクションが豊富で、ゲームの世界に入り込む楽しみを実感できる。

独自性・新規性:他の釣りゲームにはないような釣った魚をどうするかまでプレイヤーが選択できる自由度の高さはVRならではで「Job Simulator」を彷彿とさせるような楽しいインタラクションの一部でもある。(評価:B)

・他のVRの釣りゲームでは、魚を釣ってコレクションするまでが多くだったが、釣った魚にもボールになったり、ブーメランになったり、火を噴いてたき火の火を起こせたりなんでもありの世界観でこの自由度とインタラクションがVRゲームとしてさらに自由度を高め、コンテンツとしてのユニークさ、満足度を上げることに一躍している。

VR酔い:(評価:S)

画面の揺れ・振動:酔わなかった・気にならなかった
視点の変更・回転:酔わなかった・気にならなかった
加速度による錯覚:酔わなかった・気にならなかった
回転・明暗:酔わなかった・気にならなかった
操作と異なるアクション:酔わなかった・気にならなかった

押さえておくべきポイント:「Job Simulator」を彷彿とさせるような楽しいインタラクションと自由度の高さ、ジワ売れしつつあるタイトルでもありヒットの可能性も高い!

「Crazy Fishing」は開かれたオープンワールドの世界で自由に釣りやそのほか探索などを楽しめるVRシミュレーションゲーム。

モーションコントローラーで釣り竿を振り、糸を垂らし、魚が食らいついたらリールを回すなどの一連の動作を直観操作で楽しめる。

体感性は非常に安定したグラフィックとトラッキングだけではなく、サウンドとモーションコントローラーの振動によるリアルな演出で没入感を高めてくれた。

例えば池にルアーを落とすときの水滴音も遠くに投げれば遠くから聞こえるし、近くに勢いよく投げれば水滴音も大きく、近く感じた。

魚が餌にかかっている演出もモーションコントローラーの振動でグイ、グイと引っ張られるような感覚が実際にあり、非常に没入感が高かった。

体感価値は、直感操作でリアルな釣り体験はもちろんのこと、現実世界の釣りでは煩わしい、餌を付ける作業や釣り上げた魚を針から外す作業が単純化され、純粋に釣る楽しみだけを楽しめるので、テンポも良く充実した釣り体験ができるだろう。

また、釣った魚を売って新しいルアーや釣り竿を購入したり出来るやり込み要素や、VR空間内のオブジェクトを自由に触って投げたり動かしたりできるインタラクションの豊富な点、などが長時間遊びたくなるような飽きの来ないゲーム性と、何度も遊びたくなるリプレイ性を確立している。

この点は独自性としても上げることが出来、釣り上げた魚がボールになったり、火を噴いたりキャラクター性とインタラクションの両方を引き出している点も良くできていて、「Job Simulator」を彷彿とさせるような作り込みの高さとコンテンツ性を感じた。

総評としては、第二の「Job Simulator」にもなりうるほどの完成度と遊びごろろの多いVRらしい楽しいコンテンツであったといえ、ストア評価のリリース時からレビュー時の伸びしろからもうかがえるように非常に好評である。

この調子でジワ売れを狙うこともできるし、「Job Simulator」のや非VRタイトルではあるがsteamでいま一番売れているゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」のように人気配信者を取り入れて一気にセールスを狙うこともできるはずだ。

兎に角可能性を感じるタイトルだといえる。

筆者の感想

率直な感想を言えば、なんで、話題になってないのか不思議なぐらいVRとして完成された、タイトルだと思いました。

ジョブシミュレータではゲームの進行条件がありますが、その中でも自由に実験したり暴れたりめちゃくちゃできる自由度とそれを補うインタラクティブなゲーム性がVRに非常にマッチし、高く評価されたといえます。

この点で言えば本作は、ジョブシミュレータに負けず劣らずの出来栄えで、なんと釣った魚を投げたり銃として使ってシューティングゲームに出来ちゃうほどのめちゃくちゃさを持っています。

このハチャメチャ感はゴートシミュレーターやサージョンシミュレーターなどの人気バカゲーにも同じ要素があったといえ、こういったゲームは英語圏のみならず、日本のインターネットの人たちにも大きく受け入れられているので、配信やyoutube等で火がついて、明日にも第二のジョブシミュレータになっていてもおかしくないほど面白かったです。

マーケット状況

Steam

リリース当日執筆当日
レビュー数10(好評8:不評2)29(好評26不評3)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

1ch

Writer:1ch フラッシュ黄金期にゲームや映像に魅せられ、趣味でバンドのミュージックビデオや映像を作成しながら音楽も作っていたりしています。 芸術、文化、社会的な側面からVRという新媒体を見守り、新しい情報やゲームを紹介していきます。

  関連記事