VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

【HTC VIVE】High clear VR ~ 細かい微調整と、コンテンツ強化をするだけで化ける要素があるバドミントンゲーム

      2017/07/29

総合評価:C

タイトルHigh clear VR(ハイクリアー)
ハードウェアHTC VIVE
提供元FiveStarGames
ジャンルスポーツ
マネタイズ1980円(売り切り型(追加課金なし))
配信先このアプリをダウンロードしにいく

High clear VR(ハイクリアー)ゲーム画像

体感性:サウンドや振動による演出は没入感を出してくれるが、単調すぎるかえって没入感を損なう可能性があるので、数パターン用意すると尚良い。(評価:C)

・モーションコントローラーをスイングした際にラケットのスイング音や、振動が来るので臨場感があり、没入出来た。

・ラケットにどのように羽が当たっても全部同じ音なので単調で現実に戻される点は、ランダムでもいいので音を買えたりするといいかもしれない。

体感価値:ゲームモードが豊富なのは素晴らしいが、体感性を損ないかねないゲーム内の微調整がほしいところ。(評価:C)

・ゲームモードにたくさんのバリエーションがあり、飽きずに遊べ、リプレイ性も高いことが評価を上げている。

・ラケットの長さや、VR空間上での羽の高さが一致せずに無理な動作を強いられることがあるのオプションを追加すれば楽しく遊べるだろう。

独自性・新規性:目立った独自性を見出すことはできなかった。(評価:E)

・特になし

VR酔い:(評価:S)

画面の揺れ・振動:酔わなかった・気にならなかった
視点の変更・回転:酔わなかった・気にならなかった
加速度による錯覚:酔わなかった・気にならなかった
回転・明暗:酔わなかった・気にならなかった
操作と異なるアクション:酔わなかった・気にならなかった

押さえておくべきポイント:非常にユニークなミニゲームモードを隠してしまっているってんが非常に惜しいもっと前面に出して売り出したらセールスが増えるかも!

「High clear VR」は、VR空間上がコートになり、AIとの対戦型のバドミントンで遊ぶことが出来るVRゲームだ。

モーションコントローラーの片手がバドミントンラケットになり、モーションコントローラーを振ることでVR空間上の自分もラケットを振るので直観的に遊ぶことのできるのも特徴だ。

体感性は遅延のないトラッキングはもちろんのこと、サウンドや振動でゲームを盛り上げてくれる演出があり、没入感を高めてくれた。

しかしながら、ややサウンドが単調であり、シャトルと呼ばれるバドミントンに使われる羽がラケットにぶつかった際のサウンドがどのような状況下でも単一的に同じサウンドがなるので、無料のスマホゲームの様なチープさを感じ、現実に戻されてしまう。

ゲームの様量的にも何パターンもサウンドを用意して、ラケットと羽のの当たり方毎に音を変えることは技術的に難しいかもしれないが、それならば、例えばランダムに音を再生するだけでも少なくともユーザーの没入感を維持するぐらいの力はあるのではないか。

ゲームルールが豊富でAIの相手選手と対戦型のバドミントンを行える対戦モードと、的あてのようなユニークなグラフィックが楽しいミニゲームモードの二種類のモードが用意されているのでリプレイ性も高く、何度も飽きずに楽しむことが出来る。

バドミントンの試合を楽しめるのはいいのだが、体感型のゲームには必須とも呼べる、ラケットのサイズや、身長の設定などが不十分で無理な姿勢でプレイしなくてはならない場面があったりする。

この点は、体感性の要素でもあるのだが、ゲームとして満足に遊ぶことが出来ない程度の不具合であるので体感価値をやや下げている程度の認識で問題ない。

例えば、オプションで身長の設定を行い、それに合わせたゲームバランスになるだけで楽しく遊べるはずだ。

テニス系のゲームが多いのでバドミントンだから独自性があるとは言い難く、VRゲームにしてしまえばだいたい同じような感じで特筆するような独自性は見つからなかった。

総評としては体感性や体感価値で上げた欠点に関しては、コレを直さなくてはまったく話にならないというレベルの欠点ではないため、人によっては難なく楽しく遊ぶことが出来るだろう。

しかし、VRゲームの持つ快適性やユニバーサルなスポーツの遊びを提供するという点においてはやはりこの点はいずれ直すべきではあるだろう。

また、本作がセールを伸ばすにはそのようなちょっとした不具合の修正と、ゲーム自体の売り出し方に問題があるのではないかと考えられる。

ゲームのストアページを見ても、ただのバドミントンのシミュレーターゲームにしか見えないのでユニークなミニゲームの方も前面に出した売り出し方をするだけで話題がとれるかもしれない。

筆者の感想

「High clear VR」では、ミニゲームと試合形式のVSモードの二つが選べるのですが、断然ミニゲームの方が楽しかったです。

マーケット状況

Steam

リリース当日執筆当日
レビュー数10(好評8:不評2)12(好評10:不評2)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

1ch

Writer:1ch フラッシュ黄金期にゲームや映像に魅せられ、趣味でバンドのミュージックビデオや映像を作成しながら音楽も作っていたりしています。 芸術、文化、社会的な側面からVRという新媒体を見守り、新しい情報やゲームを紹介していきます。

  関連記事