VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

【VIVE/Oculus】VRChat~アバターが細密で没入感が高い。世界中のユーザーとチャットやゲームで遊べるソーシャルプラットフォーム

      2017/03/11

総合評価:B

タイトルVRChat (ブイアール チャット)
ハードウェアOculus Rift, HTC VIVE
提供元VRChat Inc.
ジャンルソーシャルプラットフォーム
マネタイズ0円(売り切り型(追加課金なし))
配信先このアプリをダウンロードしにいく

VRChat (ブイアール チャット)ゲーム画像

体感性:コントローラーの振動により オブジェクトに触れている感覚が高まり、体感が増している。(評価:B)

・オブジェクトに触れる時にコントローラーに振動があり、触れている感覚が高まる。
・サウンドに遠近感があり、没入する。アバターがいるほうから声が聞こえる。
・操作が快適。操作がしやすいようにオブジェクトに触れていると認識される範囲が広くなっている。VR空間では基本的に遠近感をつかみにくいので、これにより操作が快適になる。
・首振りの視界の移り変わりにグラフィックが遅延して揺れが起こる。

体感価値:一人称視点で、世界中の人々と話をしたり遊んだりする体験ができる。(評価:B)

・VR空間で話をしたり、遊んだりする体験ができる。
・現時点ではユーザー数が多く、基本的に人がいる。世界中の人々とコミュニケーションをとることができる。

独自性・新規性:アバターのグラフィックの細かさ、アバターへの没入感が高まる演出に独自性がある。(評価:A)

・アバターのグラフィックが細かい。コントローラーを握っている自分(アバター)の手が表示されたり、鏡があって自分を見ることができたり、ワープ移動でも自分(アバター)が歩くモーションを後ろから見るようにして移動したりする。本当にその姿でその世界を楽しめ、没入感が高い。
・チャットだけでなく、知り合った仲間と様々なゲームをすることができる点に新規性がある。

VR酔い:画面切り替えに多少の違和感を感じる。(評価:B)

振動:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
回転:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
明滅:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
加減速:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
移動:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
画面切り替え:現象発生時、若干違和感を感じたが、ある程度快適にプレイできた

押さえておくべきポイント:ユーザー数が多いのでオンラインが楽しい、評価の高いコンテンツ。

VR空間でチャットやゲームができるオンラインチャットコンテンツ。

世界中の人々と一人称視点でコミュニケーションをとるのは楽しく、体験する価値がある。
アバターのグラフィックが細かく、没入しやすい演出なのが特徴。

知り合った仲間と様々なゲームをできるのは面白く、新規性があると言える。
PCにあるようなオンラインゲームがVR空間で遊べる日も来るのだろうかと期待させられる1作だ。

体感も高く、コントローラーの振動・サウンドの遠近感・操作の快適さが良い。

しかし、首振りにグラフィックの遅延が起こる点は即座に改善するべきだ。
ゆっくりキョロキョロしても視界に揺れが生じ、没入を阻害してしまう。

空間間の移動時の画面切り替えにて、ワープゾーンのオブジェクトが視界に現れることがあるため、壁にめり込んでいるような感覚に陥り、多少の違和感を感じる。
スムーズな画面切り替えになるよう、今後の改善に期待。

無料ということもあり、現時点ではプレイユーザー数も多く 基本的に人がいるのも強み。
少し英語が離せれば、高い確率で楽しめる。日本人も割といるようだ。

マーケット的にも評価は高い。今後も高く評価されるコンテンツだろう。

マーケット状況

Steam

リリース当日執筆当日
レビュー数0(好評0:不評0) 2017/02/0157(好評56:不評1) 2017/02/06

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

shu

Writer:shu 萌え文化・コスプレ文化に携わり自らも実践する女子大生ライター。VRによる既存文化の発展に並々ならぬ興味をもっています。

SHIFT

評価・レビュー協力企業:株式会社SHIFT 「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」をコーポレートビジョンに掲げるソフトウェアテストの専門企業で、幅広い領域の高品質なソフトウェア製品の開発をサポートしています。
新たな技術としてその躍進が注目されるVRの領域でSHIFTが目指すのは、「仕様通りに動く」だけでなく「ユーザーが安心して快適に楽しむことができる」高品質なコンテンツの提供です。
サービス詳細に関するお問合せはコチラ

  関連記事