VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

【HTC VIVE/Oculus】MARS VR(全球使命VR)~映画のワンシーンのような5分で凝縮された最新のVR体験

      2017/05/14

総合評価:A

タイトルMARS VR(全球使命VR) (マーズ VR )
ハードウェアOculus Rift, HTC VIVE
提供元Ying Pei Digital Technology Shanghai Co., Limited (デベロッパー)、SHANGHAI ZHENYOU TECHNOLOGY CO.,LTD (パブリッシャー)
ジャンルFPSシューティング
マネタイズ298円(売り切り型(追加課金なし))
配信先このアプリをダウンロードしにいく

MARS VR(全球使命VR) (マーズ VR )ゲーム画像

体感性:快適な操作でストレスなく没入でき戦闘シーンや特殊な移動シーンなどを満喫できる(評価:A)

・トラッキングは良好で、派手なガンアクションを行っても遅延がなく快適な操作が楽しめる。

・陣地である建物内から限りなく広がる敵のいる荒野まで、広大な空間を演出しながら、しっかりとオブジェクトの位置からの効果音を演出できている。

・近距離にいる味方と、遠距離にいる敵の距離がしっかりと演出できており、攻撃攻に対する当たり判定が正確。

・Unreal Engineによる迫力のあるグラフィックで、敵の存在感や、ホバーバイクのスピード感、シーンの臨場感が演出できている。

・操作方法がシンプルで、銃や砲撃台での攻撃や移動など、ゲームを楽しむことに集中できる。

体感価値:浮遊感やスピード感、上昇する体感を全く移動することなく得ることができる!(評価:A)

・基地内から荒野を攻撃するシーン、地下通路でホバーバイクのシーン、むき出しのエレベーターのシーンなど、5分程度の短い時間の中で3つのまったく違った空間を楽しめる。

・砲撃台のコンベア式の移動、ホバーバイクの浮遊感、エレベーターの上昇、どの体験も自分自身が移動することなく、視覚的な効果と、SE,コントローラーからの触感フィードバックのみで十分に移動している体感が演出できている。

・立て続けに起こる着弾による爆発の衝撃がコントローラーとSEにより反射的によけてしまうほどリアルに演出できており、臨場感につながっている。

・ドローンや巨大ロボットによってみかたがだんだんと減っていき、最後のシーンでは、自分が...と、シンプルながらストーリーのようなものを感じることができ、VR空間での出来事をより面白いものにしている。

独自性・新規性:迫力あるハリウッド的な巨大ロボットのバレットタイムが印象的(評価:B)

・ホバークラフトで飛び回る体験がスピード感があり新規性を感じた。攻撃しながらで操作することはないが、自分で動かしているような体感を得ることができ驚きだった。

・巨大ロボットのバレットタイムの演出がダイナミック。ホバーバイクに乗って銃撃戦を行いながらの体験は圧巻だった。

・ゲーム内容が攻撃内容に関係なく5分程度で唐突に終了してしまうのが残念。

VR酔い:移動発生時に多少の違和感が発生する。(評価:C)

振動:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
回転:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
明滅:現象発生時、若干違和感を感じたが、ある程度快適にプレイできた
加減速:現象発生時、若干違和感を感じたが、ある程度快適にプレイできた
移動:現象発生時、若干違和感を感じたが、ある程度快適にプレイできた
画面切り替え:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた

押さえておくべきポイント:5分は短い!? ホバーバイクやエレベーターで浮遊感やスピード感が体感できるハリウッド映画のような迫力FPS

本作は基地内や、地下道、エレベーターなどに現れるドローンやロボット、エイリアンを相手に戦うFPS。

トラッキングは安定しており、シンプルな操作でストレスなくゲームに没入することができる。

VR内は重みのあるグラフィックによりリアルで広大な空間を描き出すことに成功しており、HMDを装着することでまるで遠くに移動したような感覚を得ることができる。

ゲーム中には、コンベア式の移動、ホバークラフト、エレベーターなど、プレイヤーがまったく移動することなく、まるで飛んでいるような、上昇しているような体感を得ることができる。

プレイ内容に移動が組み込まれているが、やはり多少違和感が発生している。

ただし短時間であるため、酷い酔いには繋がっていない。

敵の迫力あるアクション、攻撃の際の衝撃、当たり判定の正確さなど、シンプルな武器ながら、生々しい戦闘の体感もなかなかのものだった。

ラストシーンでは意外な展開となり、ストーリー性や今後の展開に期待するような仕掛けになっていた。

Steamでの評価は賛否両論と分かれているが、不評ではこのゲームが5分程度で終わる内容に対しての不満がほとんど。

確かに面白いゲームだけに、5分という短い時間であっけなく終わってしまうのが残念!

今後続編が出ることに期待したい。

筆者の感想

確かに5分間程度の内容は少しもと足りないと感じてしまうプレイヤーもいると思うが、これだけ迫力のあるVR体験にはなかなか出会えないと筆者は感じた。

施設での体験であれば5分でも決して短くないのではないか、それほどのレベルのVR体験を楽しんだと感じている。

中でもホバーバイクに乗っての巨大ロボットと打ち合い、エレベーターでのエイリアンとの生々しい戦いや、なぞのラストシーンは印象深い。

今後の活動に注目のデベロッパーだ!と感じた。

マーケット状況

Steam

リリース当日執筆当日
レビュー数26(好評20:不評6)39(好評27:不評12)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

anthony10000000

Writer:anthony10000000 VRによって得られる没入感と満足感は想像以上、これからどんな体験ができるのか役立つ情報をここからシェアしていきたいと思っています。

SHIFT

評価・レビュー協力企業:株式会社SHIFT 「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」をコーポレートビジョンに掲げるソフトウェアテストの専門企業で、幅広い領域の高品質なソフトウェア製品の開発をサポートしています。
新たな技術としてその躍進が注目されるVRの領域でSHIFTが目指すのは、「仕様通りに動く」だけでなく「ユーザーが安心して快適に楽しむことができる」高品質なコンテンツの提供です。
サービス詳細に関するお問合せはコチラ

  関連記事