VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

【HTC VIVE】DragonWingsVR~世界観を生かすストーリーボリュームと酔いが課題!内容の厚みと移動時の動きを改善すれば評価向上

      2017/01/12

総合評価:E

タイトルDragonWingsVR (ドラゴンウィングスブイアール)
ハードウェアHTC VIVE
提供元Wyrmbyte
ジャンルレーシング
マネタイズ980円(売り切り型(追加課金なし))
配信先このアプリをダウンロードしにいく

DragonWingsVR (ドラゴンウィングスブイアール)ゲーム画像

体感性: 画面遷移や操作性に違和感あり。急激な上昇下降にならない飛行ができたら評価は変わるはず。(評価:D)

・現状、VIVEコントローラーで行うコントローラーのハンドル動作のステアリングが早く、VR酔いに挫折するユーザーも多いと思われる。特に縦方向への移動で酔いが多発しやすく、視点遷移のスピード調整などが望まれる。
・また、操作方法もわかりづらく、初見ではうまく操縦できない。チュートリアルを導入するだけでも評価は変わるだろう。
・Xbox Oneコントローラーを使うこともできた。こちらの操作法ではプレイはしやすく快適である。

体感価値:VR酔いしやすく、特に縦移動時の速度が課題。竜を操縦するVRならではのコンテンツなだけに酔い改善で価値が際立つ(評価:C)

・竜の背中に乗るファンタジー要素を体現できるという意味で素晴らしい。
・ただ浮遊するだけじゃなく火球を吐く、などドラゴンならではのアクションもある。
・縦横無尽に空中を飛行できるのはスリリングだが、視点遷移が激しく酔いやすかった(ある種リアル世界でも酔いそうな動きなので見事に再現されているとも言えるが)。ゲーム性を絞ってでもVR酔いとは格闘すべきだと感じた。

独自性・新規性:ボリューム感がほしい!竜を手綱で操るアクションは素晴らしいので、加えて世界観を生かすゲームモード・ストーリーの充実を!(評価:C)

・空を飛行する竜を手綱で操る操作方法は、オーソドックスなレーシングにはないもので、非常にユニークだ。
・ドラゴンの飛翔にはスピード感があるが、その点酔いやすいのが残念。
・ストーリー不足という点でボリューム感がせっかくの独自要素を目立たなくしている。

VR酔い:移動に加速が加わると、錯覚によりプレイが困難になるような酔いが発生する。(評価:E)

振動:該当現象がほぼ発生しなかった
回転:現象発生時、プレイが継続できないほどの酔いを感じた
明滅:現象発生時、一部、酔いを感じる部分があったが、プレイはできた
加減速:現象発生時、プレイが継続できないほどの酔いを感じた
移動:現象発生時、プレイが継続できないほどの酔いを感じた
画面切り替え:現象発生時、若干違和感を感じたが、ある程度快適にプレイできた

押さえておくべきポイント:値段相応のボリュームとは言いがたい。独創性のある操作方法とグラフィックの良さを活かすVR酔い対策とゲーム性の充実が課題か。

本作は、ドラゴンに乗り、大空を駆け抜けるファンタジー色が強いシューティング/レーシング。

HTC VIVEのハンドコントローラーを手綱に見立てて操縦するという操作方法は独創性があり、慣れれば縦横無尽に飛翔することができる。

水面に反射する斜陽など、グラフィックは良質であり、空中を飛んでいる臨場感もあるが、視点遷移のスピードが早く、操作になれないユーザーはすぐにVR酔いしてしまうだろう。

ファンタジー系のRPGやアクションにこの操作性は、VR酔いを改善した形で流用することができたら、ゲームとしての深みを出せるだろう。

ゲームの内容にボリュームがないのも寂しい。万人向けとは言えないクオリティのミニゲームにとどまっているのが残念だ。

欲を言えば、違うステージやドラゴンの種類、攻撃方法の充実などを望みたい。

マーケットでのレビューでも、概ねVR酔いとボリュームの少なさを指摘されている。

ドラゴンの背中に乗り、空間を飛び回る内容はVRでしか味わえないが、錯覚で酔う。ゲームと連動した体感は機材上難しいと思うが、コントローラーの振動を連動させることで、錯覚を軽減させられるかもしれない。

※2017年1月12日、VR酔いの評価点の集計に誤りがあったため、酔いの総合評価をD→Eに変更しました。

マーケット状況

Steam

リリース当日執筆当日
レビュー数2(好評1:不評1)4(好評2:不評2)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Kyosuke Takano

Writer:Kyosuke Takano 1984年生まれ。多感な時期にファミコンから家庭用ゲームの黎明期・黄金期を体験して過ごす。ゲーム音楽に多大な影響を受けたギタリストでもある。

SHIFT

評価・レビュー協力企業:株式会社SHIFT 「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」をコーポレートビジョンに掲げるソフトウェアテストの専門企業で、幅広い領域の高品質なソフトウェア製品の開発をサポートしています。
新たな技術としてその躍進が注目されるVRの領域でSHIFTが目指すのは、「仕様通りに動く」だけでなく「ユーザーが安心して快適に楽しむことができる」高品質なコンテンツの提供です。
サービス詳細に関するお問合せはコチラ

  関連記事