VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

【HTC VIVE】Castle Wars VR~ バトルフィールドでキャラクターたちと共に戦闘を体感できる戦略ゲーム

      2017/07/09

総合評価:A

タイトルCastle Wars VR (キャッスル ウォーズ VR)
ハードウェアHTC VIVE
提供元Arrible
ジャンルシミュレーションゲーム
マネタイズ1480円(売り切り型(追加課金なし))
配信先このアプリをダウンロードしにいく

Castle Wars VR (キャッスル ウォーズ VR)ゲーム画像

体感性:安定したトラッキングで酔いにつながる要素もなく快適なプレイが楽しめる。(評価:B)

・ハンドコントローラーに対するトラッキング、ヘッドトラッキングは、共に安定しており、味方の軍を配置していく操作やルームスケール内での移動もスムーズに行うことができる。

・ワープ方式の移動方法で、VR空間をスピーディーに行き来できる。バトルフィールドによっては、高さの移動もあったが、その際にも酔いにつながるような要素は感じなかった。

・オブジェクトの位置を正確に反映したSEが視覚から得られる位置情報としっかりとマッチしており違和感がなく、体感を高める要素となっている。

体感価値:バトルフィールドを意のままに移動し戦闘を見ながら戦略を練ることができる(評価:A)

・9つのミッションが用意されており、それぞれのバトルフィールドでは全く違ったシチューションを楽しみながらプレイすることができる。

・好きな位置に移動し、戦闘を間近で感じながら戦略を立て、勝負の行方をキャラクターたちと共に体感できる。

・マルチプレイモードが用意されており、他のプレイヤーたちを探し、共に戦闘を楽しむことも可能である。

・雛壇状の人員を配置するためのパレットが使いやすい。また、VRの中でARを体験するようなデザインでプレイヤーの気分を盛り上げてくれる。

独自性・新規性:キャラクターたちの戦闘アクションを間近で体験できる。(評価:B)

・戦略ゲームをバトルフィールド内で楽しめる部分に独自性を感じた。間近で振り下ろされる剣を思わず避けたり、飛んできた爆弾に驚いたりと、配置したキャラクターたちと一緒にゲームを楽しめる体験はプレイヤーにとって楽しいものだ。上から見下ろしているだけより格段に楽しめる。

VR酔い:違和感・酔いなどはほとんど発生しない。(評価:A)

振動:該当現象がほぼ発生しなかった
回転:該当現象がほぼ発生しなかった
明滅:該当現象がほぼ発生しなかった
加減速:該当現象がほぼ発生しなかった
移動:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
画面切り替え:該当現象がほぼ発生しなかった

押さえておくべきポイント:

6種類の違ったアビリティーを持つキャラクター達を送り込んで、オークたちから味方の城を守る戦略ゲーム。

プレイヤーもバトルフィールドで好きな場所に移動して敵が送り込んでくるキャラクターを確認することができ、キャラクターたちのアクションもその場にいるように体験でき、より一層戦闘を楽しむことができる部分に独自性を感じた。

トラッキングが安定しており、操作がスムーズ、また移動がワープ方式で酔いにつながる要素がなく快適なことも、直感的なゲーム展開につながっており、没入感を高めている。

クラッシュロワイヤルのようなグラフィックも親しみやすく、キャラクターたちの6種類のアビリティーを間近で見ることができるのも嬉しい。

また、送り出すキャラクターを決めるためのパレットも、VR内でARを体感しているようで面白く、また操作もしやすかった。

ただ、ルール設定やゲーム展開はシンプルで、本格的で複雑な戦略ゲームを望むプレイヤーには物足りないことだろう。そしてそれがSteamで評価が伸びない原因の一つになっているのではないだろうか。

今後、セール等でより多くのプレイヤーが試す機会があれば、良い評価も増えてくると思われる。

筆者の感想

-- 戦略ゲームでキャラクターたちと同じバトルフィールドに立ち、移動しながら戦闘状況を確認したり、戦略を練ることができる、それは今まで2Dでの戦略ゲームで上からまたは遠くから見下ろすような体験しかしたことのなかった筆者にとっては夢のような体験でした。

特にクラッシュロワイヤルを彷彿とさせるキャラクターたちは迫力満点で、実際にそこにいるような臨場感も得ることができ、速やかな没入につながっていました。

そのゲームプレイの面白さに筆者はすぐに魅了され、マルチプレイを行おうとしたのですが、他のプレイヤーが見つからなかったために断念、とても残念でした。

Steamでの評価が今のところまだ少ないのはシンプルなゲーム内容と価格が、今現在のプレイヤーの求めるゲーム要素や難易度、そしてそれに対する価格のバランスと若干ずれてしまってためではないかと感じました。

内容的には独自性もあり面白いので、今後より多くの人々が手に取るチャンスがあるといいなと思いました。--

マーケット状況

Steam

リリース当日執筆当日
レビュー数2(好評2:不評0)2(好評2:不評0)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

anthony10000000

Writer:anthony10000000 VRによって得られる没入感と満足感は想像以上、これからどんな体験ができるのか役立つ情報をここからシェアしていきたいと思っています。

SHIFT

評価・レビュー協力企業:株式会社SHIFT 「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」をコーポレートビジョンに掲げるソフトウェアテストの専門企業で、幅広い領域の高品質なソフトウェア製品の開発をサポートしています。
新たな技術としてその躍進が注目されるVRの領域でSHIFTが目指すのは、「仕様通りに動く」だけでなく「ユーザーが安心して快適に楽しむことができる」高品質なコンテンツの提供です。
サービス詳細に関するお問合せはコチラ

  関連記事