VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

【HTC VIVE】Broken Blue~移動をワープ方式にすれば酔いやすい問題が解決され、不思議な世界観を存分に堪能できるパズル

      2017/01/12

総合評価:E

タイトルBroken Blue(ブロークン ブルー)
ハードウェアHTC VIVE
提供元BacklotRealities
ジャンルパズル
マネタイズ0円(無料で追加課金要素もなし)
配信先このアプリをダウンロードしにいく

Broken Blue(ブロークン ブルー)ゲーム画像

体感性:移動するときに酔いやすい!ワープ方式の移動を取り入れれば没入でき長時間遊べるようになる(評価:E)

・ハンドコントローラーのグリップ操作による移動のカクつきによる酔いがひどく、進めるのも困難である。移動をワープ方式にすると酔いが軽減される。
・視線を移動させると雲の動きが早くなり、移動と相まって無駄に酔いを増幅させるため、背景の動きは一定でよい。
・トラッキングが不安定で、コントローラーの位置が大幅にずれるので要改善だ。
・オブジェクトによっては右コントローラーで物を掴む動作が反応しない場合がある。

体感価値:操作性がやや悪い、世界観は良いだけにシステムを大幅に改善すればVRゲームとして価値が上がる(評価:C)

・愛らしい猿のキャラクターや不思議な模様が刻まれたブロックで構成された独自の世界観は人気が出そう。
・操作性にやや問題があり、ゲーム性を損ねている。

独自性・新規性:自身をAIとしキャラクターを動かす第三者視点が斬新(評価:B)

・プレイヤーがAIとなり、第三者視点で猿のキャラクターが物語を進められるようにパズルを解いていく、という独自の世界観は新しい。

VR酔い:回転動作に難あり、著しい酔いが発生する。(評価:E)

振動:該当現象がほぼ発生しなかった
回転:現象発生時、プレイが継続できないほどの酔いを感じた
明滅:現象発生時、一部、酔いを感じる部分があったが、プレイはできた
加減速:現象発生時、一部、酔いを感じる部分があったが、プレイはできた
移動:現象発生時、プレイが継続できないほどの酔いを感じた
画面切り替え:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた

押さえておくべきポイント:移動時の酔い問題さえクリアすれば人気が出る可能性を秘めている

空中に浮かんだブロック上で第三者視点で登場人物の猿のキャラクター物語を進められるようにブロックをパズルを解いていくゲーム。

グリップを使っての移動手段から引き起こされる酔いが激しく、ゲームを楽しむ前に進めるのが困難になってしまう。

回転動作を行う方法によって、プレイヤーの実際の動きと視界の動きに不自然さが発生し、酔いが引き起こされる。動作方法の改善により、酔いの軽減に繋がる可能性はありそう。

マーケット評価も酔ったという感想が多く見受けられるが、反面その点以外での評価は上々である。

独特な世界観は魅力なため、酔い対策とトラッキングの弱さを改善すればゲームのクオリティは上がる。

※2017年1月12日、VR酔いの評価点の集計に誤りがあったため、酔いの総合評価をD→Eに変更しました。
その影響でゲーム全体の総合評価もD→Eになっております。

マーケット状況

Steam

リリース当日執筆当日
レビュー数0(好評0:不評0)6(好評4:不評2)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

あゆ巫女

Writer:あゆ巫女 仮想現実空間と現実との融合を夢見る長女。宇宙・芸術・音楽をキーワードに、独自の空間内で遊べるVRゲームの素晴らしさを広めるべく日々励んでいる。好きなゲームは「L U N E」「Universe Sandbox ²」。

SHIFT

評価・レビュー協力企業:株式会社SHIFT 「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」をコーポレートビジョンに掲げるソフトウェアテストの専門企業で、幅広い領域の高品質なソフトウェア製品の開発をサポートしています。
新たな技術としてその躍進が注目されるVRの領域でSHIFTが目指すのは、「仕様通りに動く」だけでなく「ユーザーが安心して快適に楽しむことができる」高品質なコンテンツの提供です。
サービス詳細に関するお問合せはコチラ

  関連記事