VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

【HTC VIVE】BladeShield〜スターウォーズファンから好評を受けているSF体感アクションゲーム

      2017/01/12

総合評価:B

タイトルBladeShield (ブレイドシールド)
ハードウェアOculus Rift, HTC VIVE
提供元Rank17, Silicon Storm(開発) Rank17(販売)
ジャンルアクション
マネタイズ298円(売り切り型(追加課金なし))
配信先このアプリをダウンロードしにいく

BladeShield (ブレイドシールド)ゲーム画像

体感性:トラッキングが良好で遅延もなく、自分が仮想空間の登場人物になったかのようなリアリティを実現している(評価:B)

・剣や盾を実際に腕をふるって動かす体感ゲームであるため、実際に自分が戦っているというリアリティが強く味わえる。
・アクションゲームであるため、モーションコントローラーを激しく動かすことになるが、トラッキングが良好で一切遅延はない。

体感価値:作り込まれたSF的世界観とバランスの良い難易度によってアクションゲームとしてしっかり楽しめる(評価:B)

・ドローンのような敵、剣モードと盾モードをボタン一発で切り替え可能なビーム武器…と、SF的世界観の作り込みが素晴らしく、SFヒーローになったような感覚が味わえる。(「スターウォーズ エピソード4」を観たことがあれば、ルークが宇宙戦の中でライトセイバーの修行をしていたシーンを自分のこととして体験できるだろう)
・段階的に上がっていくゲーム難易度はバランスが取れており、プレイしていて難しさと達成感を適度に味わうことができる。アクションゲームとしてのしっかり楽しむことができる内容だ。

独自性・新規性:2モード切り替え可能な武器を両手に持って戦うというコンセプトに独自性がある(評価:B)

・遠距離弾を跳ね返せるシールドと、接近してきた敵を倒すためのブレードという二種類のモードを持った特殊武器二刀流で戦うという点に独自性がある。

VR酔い:アクション性はあるが、定点でのプレイが主なため酔いの要素は少ない。(評価:B)

振動:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
回転:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
明滅:現象発生時、若干違和感を感じたが、ある程度快適にプレイできた
加減速:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
移動:該当現象がほぼ発生しなかった
画面切り替え:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた

押さえておくべきポイント:まだ知名度は低いものの、世界観とゲームシステムはファンに高く評価されている

自分の腕で剣や盾を繰り、襲い掛かってくるメカと戦う体感アクションゲーム。

モーションコントローラーをタッチすることで剣と盾を即座に切り替えることができ、敵の攻撃に対してどのモードで応戦するか即座に判断することがおもしろさのポイント。

VR体感ゲームとしてのクオリティもさることながら、アクションゲームとしての完成度も高く、ゲームとしてしっかり遊び込むことができる。

プレイヤーが障害物を貫通してしまう際に、若干の違和感はある。ゲーム全体としては、酔いにくいと言える。

Steamのレビュー数はまだ少ないものの、プレイした人に対してはゲームシステムや世界観の魅力が十分に伝わっており、評価は好評。

アップデートによるステージ追加を期待する声も出ているので、今後ステージや敵の追加によってボリュームアップし、SFの世界観を強化していくことで、徐々にファンを拡大していくことができるだろう。

※2017年1月12日、VR酔いの評価点の集計に誤りがあったため、酔いの総合評価をA→Bに変更しました。

マーケット状況

Steam

リリース当日執筆当日
レビュー数4(好評4:不評0)8(好評8:不評0) 2016/12/9

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Kazuhiro Tanaka

Writer:Kazuhiro Tanaka ゲーム作りからゲームレビューまで、ゲーム何でも大好きなゲーム作家。子どものころから夢見ていたVR技術の実現に歓喜!ホラーとオカルトが大好きなので、バーチャル世界でたくさんのゾンビや亡霊に何度も殺されたい!!

SHIFT

評価・レビュー協力企業:株式会社SHIFT 「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」をコーポレートビジョンに掲げるソフトウェアテストの専門企業で、幅広い領域の高品質なソフトウェア製品の開発をサポートしています。
新たな技術としてその躍進が注目されるVRの領域でSHIFTが目指すのは、「仕様通りに動く」だけでなく「ユーザーが安心して快適に楽しむことができる」高品質なコンテンツの提供です。
サービス詳細に関するお問合せはコチラ

  関連記事