VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

【HTC VIVE】B. Braun Future Operating Room~体感性とステージボリュームが増せば体内オペ体験という独自性が生きる将来性のある作品

      2017/01/12

総合評価:C

タイトルB. Braun Future Operating Room(ビー ブラウン フューチャー オペレーティング ルーム)
ハードウェアHTC VIVE
提供元NMY Mixed-Reality Communication GmbH
ジャンルシミュレーションゲーム
マネタイズ0円(無料で追加課金要素もなし)
配信先このアプリをダウンロードしにいく

B. Braun Future Operating Room(ビー ブラウン フューチャー オペレーティング ルーム)ゲーム画像

体感性:体内や器具を触ったときの感触が弱いので、動作に対して振動をつけると体感性は増す(評価:E)

・触れてはいけない動脈部に触ったときの感触はあるものの、その他の動作に対する感触が感じられない。器具を持つ・損傷した血管を引き剥がすなどのメインの動作に対してコントローラーの振動をつけたら体感はぐっと上がる。
・コントローラーに対してのトラッキングが弱く、ゆっくりとした動きでもコントローラーの位置がずれるのが気になる。

体感価値:デモ的なボリュームでやや物足りない。体内でのオペ体験が新しいだけステージが増えるとイイ!(評価:C)

・スタート画面から近未来の医療現場をスタイリッシュに再現しており、空間への満足度が高い。
・無料ということもあり、体内に入って損傷した血管を摘出するミニゲームのみのコンテンツなため数分で終わる。

独自性・新規性:体内に入り込み手術するコンセプトは斬新、さらなる進歩に期待大(評価:B)

・リアルな体内に入って手術できるという体験はVRでしかなし得なく非常に革新的であり、教育ツールとして期待できる。

VR酔い:ほぼ定点からのプレイなので、酔いにつながる要素は少ない。(評価:B)

振動:現象発生時、若干違和感を感じたが、ある程度快適にプレイできた
回転:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
明滅:該当現象がほぼ発生しなかった
加減速:該当現象がほぼ発生しなかった
移動:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた
画面切り替え:現象発生時、酔いは全く感じられず、快適にプレイできた

押さえておくべきポイント:体感性とボリュームが加われば斬新なゲーム性が引き出され、VR医療シミュレーションとしても面白い存在になりそう

患者の体をスキャンし、体内に入って損傷した血管を摘出する医療シミュレーション。

モノや体に触れたときのほとんどの動作に対しての体感がないのが残念であるが、触覚をプラスすればぐっと価値は上がる。

主なプレイ内容には酔う要素は少ないが、視点を足元に動かした際に足場の揺れを感じるので、やや違和感がある。改善の余地あり。

無料コンテンツのためボリュームが非常に少なく魅力と感じる一般のユーザーは少ないが、体感・ボリュームを増したら注目されるジャンルだ。

コンセプトは最高なので、体験シミュレート内容を増やせばもしかすると医療分野のオペ練習としても将来的に活用されるかもしれない。

ハンドトラッキングの進化とともに面白い活用がなされそうな可能性感じる一作だ。

※2017年1月12日、VR酔いの評価点の集計に誤りがあったため、酔いの総合評価をA→Bに変更しました。

マーケット状況

Steam

リリース当日執筆当日
レビュー数1(好評1:不評0)5(好評4:不評1)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

あゆ巫女

Writer:あゆ巫女 仮想現実空間と現実との融合を夢見る長女。宇宙・芸術・音楽をキーワードに、独自の空間内で遊べるVRゲームの素晴らしさを広めるべく日々励んでいる。好きなゲームは「L U N E」「Universe Sandbox ²」。

SHIFT

評価・レビュー協力企業:株式会社SHIFT 「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」をコーポレートビジョンに掲げるソフトウェアテストの専門企業で、幅広い領域の高品質なソフトウェア製品の開発をサポートしています。
新たな技術としてその躍進が注目されるVRの領域でSHIFTが目指すのは、「仕様通りに動く」だけでなく「ユーザーが安心して快適に楽しむことができる」高品質なコンテンツの提供です。
サービス詳細に関するお問合せはコチラ

  関連記事