VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

シューティング 一覧

header
総合評価:B

【HTC VIVE】Mega Overload VR〜ギャラクシアンやインベーダーをVRで。二丁拳銃の爽快感に特化したレトロアーケード風VRシューター

約束された爽快感と抜群の操作感

提供元:Subdream Studios /

night2
総合評価:B

【HTC VIVE】NIGHTSTAR〜80年代STGの雰囲気色濃くも、独自の操作性が斬新なVR3人称シューティング

グラフィック

提供元:SOLIDMESH /

space-junk-patrol-150x150
総合評価:B

【HTC VIVE】Space Junk Patrol~コントローラーで自機を導く操作方法が新鮮なVRシューティング。

体感を高める仕掛けに、臨場感がある演出。画面の横揺れを改善すればさらに良いコンテンツになる。

提供元:Anthracite Games /

I Hate Santa
総合評価:B

【Oculus】 I Hate Santa ~VRの快適性や完成度は高く、ステージやキャラを増やすことで再度プレイしたくなるだろうシューティングゲーム

長く遊べるゲームなので、やり込み要素の追加でさらに何度も遊べるゲームに生まれ変わるだろう。

提供元:VirtualRock VR /

duck-force-1-150x150
総合評価:B

【HTC VIVE】Duck Force~視点を切り替えて快適に遊べるため、ゲームを楽しむこと

三人称視点だが、様々な遊び方ができて面白い。酔いの対策になっていて快適に遊べるのが良い。

提供元: Andreas Aust /

holo-impact-150x150
総合評価:B

【HTC VIVE】Holo Impact : Prologue~三人称視点でも臨場感や没入感があるシューティング

ゲーム性とVRの没入感の両立がなされたバランスの良いタイトル。

提供元:REDSTORM DIGITAL STUDIO /

asteroid-blaster-vr-150x150
総合評価:B

【HTC VIVE】Asteroid Blaster VR~リアリティとゲーム性のどちらを取るか?課題と可能性を持ったVRシューティング

宇宙空間から無重力感をオミットすることで3D酔いはしないものの没入感の薄いVRシューティング。どちらを取るかが今後の課題。

提供元:Senomix Research /

gun-sight-150x150
総合評価:D

【Gear VR】Gun Sight~三人称視点でのVRコンテンツは没入感が低め。課題を提示する

従来のゲームスタイルとして確立している三人称視点のコンテンツ。VRゲームとして、意味合いをどのように見出すのかが今の課題だ。

提供元:Climax Studios /