VR Inside Contents Bank

VRの未来を創るビジネスメディア

FPSシューティング 一覧

one
総合評価:C

【HTC VIVE】One Of The Last〜CoDを意識したゾンビものVRシューター。多彩な武器は魅力だが没入感の欠落が課題か

ホラー性も爽快感もイマイチ追求できていないのが課題。VRの体感も

提供元:Deep Voodoo Gaming /

VRゲーム、MARS VR(全球使命VR)、イメージ
総合評価:A

【HTC VIVE/Oculus】MARS VR(全球使命VR)~映画のワンシーンのような5分で凝縮された最新のVR体験

全く動くことなくスピード感、浮遊感を体感、ダイナミックなバレットタイムにも注目

提供元:Ying Pei Digital Technology Shanghai Co., Limited (デベロッパー)、SHANGHAI ZHENYOU TECHNOLOGY CO.,LTD (パブリッシャー) /

VRゲーム,Twisted Arrow,アイキャッチ
総合評価:A

【HTC VIVE/Oculus】Twisted Arrow~フィードバックが戦闘を詳細に表現、アーチェリーのアクションによって新鮮なFPS体験!

弾の命中さえ体感できる表現力の高さ、アーチェリー体験のニーズも高く好評!

提供元:Phaser Lock Interactive /

VRゲーム,Containment Initiative,アイキャッチ
総合評価:B

【HTC VIVE】Containment Initiative〜ゾンビたちの予想不可能な攻撃にハラハラドキドキのスリルが味わえるFPS

移動速度の違うゾンビたちからの予想不可能な攻撃で緊張感が持続、3種類のゲームモードもユーザーに好評

提供元:Gwyn Games /

ss_2a2efe75bf30ab22e167eeed2202e4941a7a968e.1920x1080
総合評価:C

【HTC VIVE】The Hunted~暗すぎるゲーム画面をもう少し直せば撃ちあいに充実感が生まれ、ゲームが楽しくなる!

暗すぎるゲーム画面がネック。夜というシチュエーションにリアリティーを残しつつゲームとして成立させるような調整が必要。

提供元:Sekai VR Ltd. /

header
総合評価:C

【HTC VIVE】Serious Sam VR: The Second Encounter〜往年の名作FPS、続編もVR化。前作を上回るクレイジー具合とボリューム。

チュートリアルの少なさとプレイヤーの耐性を要求する酔いやすさが課題

提供元:Croteam VR(開発)、Devolver Digital, Croteam(販売) /

s1
総合評価:B

【HTC VIVE】Serious Sam VR: The First Encounter〜往年の名作FPSをVR化。リアリティより爽快感とインパクトを超重視した衝撃FPS

テレポートorパッド移動の操作はユーザーをかなり選ぶ。

提供元:Croteam VR(開発) 、Devolver Digital, Croteam(販売) /

header
総合評価:B

【HTC VIVE】Overkill VR: ストレスない体感性とガンシューティングとしての爽快感を兼ねた第一級のVRシューター

VR酔いを完全回避した「棒立ち」とルームスケールFPSの没入感を共存

提供元:Starloop Studios(開発) 、Game Troopers(販売) /

robotic apocarips-eye
総合評価:C

【Oculus】Robotic Apocalypse VR~移動方式にオプションがあればより多くの人に遊んでもらえるかもしれないFPS

移動方式を選択できるオプションがあれば酔い問題も解決でき、より多くの人に遊んでもらえるはずだ。

提供元:Xtalemate /

overload_logo
総合評価:D

【HTC VIVE】Overload~旋回や被弾時の視点移動による酔い軽減さえ解消されればグッとゲーム体験が向上するFPS

旋回時などダイナミックな動きをする際に結構な頻度で酔ってしまうのが残念。

提供元:Revival Productions, LLC /